特定メーカーの電源用電子部品の小型化の動向

調査目的

本調査は、貴社指定の電源用電子部品メーカーにヒアリングを行い、今後の製品開発動向を把握することで、貴社の事業推進のための基礎資料とすることを目的とする。

調査方法

1.対象事業者へのインタビュー調査

対象企業のキーマンへのヒアリング調査

2.外部公開情報による調査

新聞、専門誌、主要各社のニュースリリースなどオープン情報の収集・分析

調査対象先

電源用電子部品メーカー 3社

調査項目

1.単出力化の動向
  • ・マルチ出力が主流である現状、単出力化の動きはあるか
2.0.1CC以下を狙う動きはあるか
  • ・実用化時期はいつ頃を狙っているか
  • ・コストはどの程度を考えているのか(既存品との比較など)
  • ・形状はどのようなものを考えているか
  • ・特性として考えているものは何か
3.0.1CC以下を狙う手法
  • ・ICは出力電圧を調整するための周辺部品をICに取り込んで小型化する計画か
  • ・コイルの低背化の動き
  • ・コイルの積層化の動き

調査期間

ご契約後45日

報告形態

日本語報告書

報告書の電子データ(Microsoft Word、Excel、PowerPoint、等)

関連資料