法人市場のPC販社のエリア別販売状況調査

調査目的

本調査は、法人市場のPC販社の全国9ブロックにおける販売状況の変化を定点観測することによって、貴社のエリア戦略策定のための基礎資料とすることを目的とする。

調査方法

対象企業に対し、半年に1回訪問ヒアリング調査を実施

調査対象先

全国9ブロックの販社のうち、法人市場のPCの売上高ベスト10の企業(拠点)を各10社、合計90社を抽出し、調査対象先とする。 産業調査項目

調査項目

A.販社調査
(全国9ブロックの法人市場のPC売上ベスト10企業(拠点)について、以下の項目を調査)
1.企業情報
  • ・年間売上状況:年間販管費・年間粗利益・年間純利益
  • ・販売体制:従業員数・拠点リスト・その他
  • ・メーカー別取引高:商品/事業領域・顧客特性・販売方法・その他
  • ・商品別粗利益(努力目標)
B.当年上半期動向調査
1.地域全体のPC販売状況、メーカー勢力状況、上位販社勢力状況
2.PC売上台数・金額
  • ・前年実績および当年上半期販売実績
  • ・目標達成率
  • ・目標とのギャップの要因(社外的要因・社内的要因)及びその変動要因
3.ベンダー別店内シェア(金額)及びその変動要因
4.SM人員体制
  • ・組織体制
  • ・人員数と変化状況
5.業種別販売比率
6.営業拡大戦略
  • ・ターゲットユーザー
  • ・ターゲットユーザーに対する営業戦略
  • ・ベンダーとの協力状況
7.営業活動内容
  • ・当期営業費用とその前年費
  • ・展示会・イベントなどの規模・時期・具体的内容・予算
  • ・その他営業活動の特色
8.販社再編への対応策
  • ・ベンダーによる販社区分での位置付け
  • ・ベンダーによる販社再編への対応策
9.ベンダー別CS評価
10.パソコン税制の活用・利用実績と利用ユーザー属性
C.当年下半期動向調査
(調査項目は、上半期動向調査と同一)

調査期間

調査期間60日間の調査を年2回実施

報告形態

日本語報告書

報告書の電子データ(Microsoft Word、Excel、PowerPoint、等)

関連資料