紙器メーカーに関するベンチマーキング調査

調査目的

本調査は、貴社指定紙器メーカーの紙器・パッケージ事業の事業戦略・遂行・販売方法・収益性、強み/弱み等について、ヒアリングによって明らかにし、貴社事業推進のための基礎資料とすることを目的とする。

調査方法

1.対象事業者へのインタビュー調査

対象企業のキーマンへのヒアリング調査

2.外部公開情報による調査

新聞、専門誌、主要各社のニュースリリースなどオープン情報の収集・分析

調査対象先

紙器メーカーA社 包装事業部、包装事業研究所、生産拠点、開発部、デザイン部

調査項目

A.事務機器用ゴム部品に関する市場
1.事務機器用ゴム部品(ローラー、ブレード)の全体の市場規模推移
2.事務機器用ゴム部品(ローラー、ブレード)の参入メーカー
3.本年の事務機器用ゴム部品(ローラー、ブレード)のメーカーシェア
4.事務機器用ゴム部品(ローラー、ブレード)の今後の市場展望
5.A社の業界におけるポジショニング
  • ・A社のSWOT(強み・弱み・機会・脅威)
  • ・他社との比較における強み・弱み・機会・脅威分析
  • ・他社との比較におけるコアコンピタンス分析
  • ・A社の成長性分析
B.A社の業界におけるポジショニング
1.事業概要
  • ・事業概要(全社)
  • ・事務用機器ゴム製品(複写機・プリンター用)の事業概要
2.販売状況
  • ・過去3年間の事務機器用ゴム部品の販売数量・金額の推移および背景要因
  • ・過去3年間の事務機器用ローラーの種類別販売数量・金額の推移および背景要因
  • ・過去3年間の事務機器用ブレードの種類別販売数量・金額の推移および背景要因
3.主要販売先(A社の高シェア販売先
4.自社評価のSWOT(み・機会・脅威)
  • ・自社の強み・弱み
  • ・製品に対する評価(機能・品質・開発力等)
  • ・技術力に対する評価(技術レベル・開発力等)
  • ・営業力に対する評価(組織・行動力等)
  • ・価格その他に対する評価
  • ・自社が高シェアを維持している理由
5.事務機器用ローラー・ブレードの事業戦略・注力分野
6.今後の事務機器用ローラー等の市場展望
  • ・今後3年間の販売高見通しおよび背景要因
  • ・今後の売れ筋商品動向
C.主要顧客等からのA社のポジショニング調査
1.A社の事務機器用ローラー等に対する評価
  • ・A社からの購入事務機器用ローラー等の内容
  • ・製品に対する評価(機能・品質・開発力等)
  • ・技術力に対する評価(技術レベル・開発力等)
  • ・営業力に対する評価(組織・行動力等)
  • ・価格その他に対する評価
  • ・A社が高シェアを維持している理由
  • ・A社の製品に対する評価・要望等
1.紙器事業規模
  • ・過去3年間の売上高推移とその背景要因
  • ・過去3年間の主要製品群別売上高推移とその背景要因
  • ・製品・関連機器・関連商品ラインナップ
2.事業戦略
  • ・基本的事業戦略とその背景となっている考え方
  • ・紙器事業別戦略
  • ・注力政策
  • ・調達戦略
3.組織体制
  • ・組織図
  • ・機能別(生産・販売・開発・その他別)人員数、総人員数
  • ・各セクションの連携状況
4.営業体制
  • ・営業組織図
  • ・営業セクション別人員数
  • ・営業セクション別役割
  • ・各セクションの連携状況
  • ・システム部門との連携状況
  • ・受注〜生産〜納品のプロセス(子会社を含む)
5.営業方法
  • ・基本的営業政策
  • ・価格政策・競合政策
  • ・顧客攻略方法
6.強み/弱み
  • ・生産面
  • ・営業面
  • ・開発面
  • ・その他の面
7.収益性の状況
  • ・事業全体の収益性
  • ・高収益商品はなにか
  • ・戦略商品の収益性
  • ・収益性向上施策
8.今後の売上見通し
  • ・今後3年間の売上目標
  • ・目標達成のための方策

調査期間

ご契約後60日

報告形態

日本語報告書

報告書の電子データ(Microsoft Word、Excel、PowerPoint、等)

関連資料