印刷業界・印刷業者に関する調査

調査目的

本調査は、コンシューマ向けプリンタの高性能化、DTPの一般化等の影響を 受けていると推察される印刷業界の動向を調査し、新しい市場の有無や 新しい市場を開拓するための取り組み等を明らかにすることによって、 貴社の事業推進のための基礎資料とすることを目的とする。

調査方法

1.対象事業者へのインタビュー調査

対象企業のキーマンへのヒアリング調査

2.外部公開情報による調査

新聞、専門誌、主要各社のニュースリリースなどオープン情報の収集・分析

調査対象先

印刷会社の年間売上を下記の6通りに分類。

分類ごとに調査対象先を選定し、合計25社に対してヒアリングを実施。

年間売上高 調査対象先企業数
1. 3,000万円未満 3
2. 3,000万円以上〜1億円未満 5
3. 1億円以上〜10億円未満 5
4. 10億円以上〜100億円未満 5
5.100億円以上〜1000億円未満 5
6. 1000億円以上 2
合   計 25

(注)すべて首都圏の印刷会社を想定

他、プリンタメーカー、ラボ店、印刷関連業界団体へのヒアリング

調査項目

1.印刷会社25社へのヒアリング
  • ・事業店舗の総数
  • ・従業員の平均年齢
  • ・1店舗当たりの平均年間売上高推移とその要因
  • ・1店舗当たりの平均従業員数
  • ・請け負う印刷の種類とそれらの売上に占める割合の推移とその要因
  • ・印刷種類毎の平均印刷枚数/日
  • ・印刷種類毎の平均印刷単価/枚
  • ・印刷種類毎の平均原紙単価/枚(紙の原価)
  • ・印刷種類毎の平均荒利/枚
  • ・主たる受注先
  • ・保有印刷機の種類、単価、台数、満足している点と不満な点
  • ・インクの支出総額、印刷機のメンテナンス費用総額
  • ・印刷機、設備の具体的内容、価格、導入理由
  • ・最近の同業者の動向、同業者間で話題になっている事
  • ・今後の事業展開を図りたい方向、欲しいと考えている印刷機器
  • (注)印刷の種類は以下を想定
  • グラビア、ポスター、カタログ、ちらし、通販カタログ、はがき、名刺
2.公開情報による調査
  • ・インクジェットプリンタの過去三年間と今後三年間の出荷台数
  • ・インクジェットプリンタのインク売上の過去三年間と今後三年間
  • ・レーザプリンタの過去三年間と今後三年間の出荷台数
  • ・レーザプリンタのトナー売上の過去三年間と今後三年間
3.ラボ店へのヒアリング
  • ・店舗総数
  • ・平均年間売上/店舗
  • ・平均粗利/枚
  • ・カラープリンタの導入動向

調査期間

ご契約後60日

報告形態

日本語報告書

報告書の電子データ(Microsoft Word、Excel、PowerPoint、等)

関連資料