代理店実態調査

調査目的

本調査は、貴社金融商品ならびに競合会社金融商品を取り扱っている代理店に対し、取り扱い割合や今後の意向、その要因などを明らかにすることによって、貴社の今後の事業戦略のための基礎資料とすることを目的とする。

調査方法

1.対象事業者へのインタビュー調査

対象企業のキーマンへのヒアリング調査

2.外部公開情報による調査

新聞、専門誌、主要各社のニュースリリースなどオープン情報の収集・分析

調査対象先

貴社金融商品を扱う代理店50社へのヒアリング

(面接ヒアリング10社、電話ヒアリング40社を想定)

調査項目

1.企業概要等の基本情報
2.拠点数および人員数
3.取り扱い金融商品の種別
4.取り扱い金融商品の数および取り扱いの多い商品名
5.上記商品の取り扱いが多い背景要因
6.他社商品の取り扱い状況ならびに意向
7.金融商品提供会社への要望

調査期間

ご契約後50日

報告形態

日本語報告書

報告書の電子データ(Microsoft Word、Excel、PowerPoint、等)

関連資料