特定船舶の主機関に関する調査

調査目的

本調査は、造船会社にヒアリングを行い、採用主機関の実績や今後の計画を把握し、トレンドを知ることによって、貴社研究開発の方向性を明確にするための基礎資料の作成を目的とする。

調査方法

1.対象事業者へのインタビュー調査

対象企業のキーマンへのヒアリング調査

2.外部公開情報による調査

新聞、専門誌、主要各社のニュースリリースなどオープン情報の収集・分析

調査対象先

A社、B社、C社、D社、E社

調査項目

調査対象企業個票
1.調査対象企業属性
2.過去5年間の実績
  • ・主機関の方式ならびに選定理由
  • ・主機関の方式の評価
  • ・主機関の方式の決定者
3.中期計画
  • ・主機関の方式の採用予定・計画ならびに選定理由
  • ・主機関の方式の決定者
4.長期的計画および新技術採用の可能性
  • ・主機関の方式の予想・計画
  • ・新技術採用の可能性
5.その他周辺情報

トレンド予測
1.調査対象企業一覧表
2.過去5年間の実績の傾向
3.中期計画の傾向
4.長期計画の傾向

調査期間

ご契約後100日

報告形態

日本語報告書

報告書の電子データ(Microsoft Word、Excel、PowerPoint、等)

関連資料