化学会社の試験・分析受託業務市場に関する調査

調査目的

本調査は、化学製品メーカーが、試験・分析を外部委託する受託業務の市場規模をヒアリングによって明らかにし、貴社事業推進のための基礎資料とすることを目的とする。

調査方法

1.顕在市場の推定
  • ・化学製品メーカーの中から10社をピックアップし、試験・分析の自社実施、外部委託(委託先名)状況をヒアリングにより把握する。
  • ・上記結果から委託先企業を特定し、委託先企業にヒアリングを行う。その際、受託件数、売上げ規模等を把握する。
  • ・それぞれの結果から試験・分析受託業務の市場規模を推定
2.潜在市場の推定
  • ・顕在市場の推定のためにピックアップした化学製品メーカーへのヒアリングにより、試験・分析の外部委託希望の有無、委託可能性を把握
  • ・顕在市場の推定のために特定した受託業務実施企業にヒアリングを行う。その際、潜在市場の見解を得る
  • ・それぞれの結果から試験・分析受託業務の潜在市場を推定

調査対象先

化学製品メーカー 50社を想定

調査項目

A.化学製品メーカーに対するヒアリング調査
1.現在の試験・分析項目内容
2.試験・分析の社内処理と外部委託の実際
  • ・社内処理で実施している試験・分析項目と件数
  • ・外部委託で対応している試験・分析項目と件数
  • ・外部委託の理由
  • ・外部委託先と委託先選定理由
  • ・外部委託コスト
  • ・試験・分析の受託サービス実施の有無
3.今後の外部委託の方向性
  • ・現在社内処理している試験・分析項目を外部委託する可能性はあるか?
  • ・今後必要とされる試験・分析項目で、外部委託する可能性のあるものがあるのか?
B.試験・分析受託業務実施企業に対するヒアリング調査
※上記調査で判明した試験・分析受託業務実施企業(3社想定)にヒアリングを実施
1.試験・分析の受託実績(件数、売上げ規模)
2.試験・分析の種類別受託実績割合
3.試験・分析の市場ニーズと市場規模に対する見解
4.潜在市場性に対する見解

C.全体市場規模推定
※それぞれ結果を元に全体市場規模推定
1.顕在市場規模推定
2.潜在市場規模推定
3.今後3年間の市場予測

調査期間

ご契約後60日

報告形態

日本語報告書

報告書の電子データ(Microsoft Word、Excel、PowerPoint、等)

関連資料