MDB市場情報レポート

英会話教室(幼児・子ども向け)

1.市場規模の推移
 英会話教室の市場規模を推計するにあたって参考にできる公式統計は、経済産業省「平成17年特定サービス産業実態調査報告書 外国語会話教室編」と、経済産業省「特定サービス産業動態統計速報」がある。いずれも「外国語全体」を対象にした調査であり、英会話教室に限った数値を得るためには推計する必要がある。





2. 参入企業
 幼児・子ども英会話教室を主業務としているのは、イッティージャパン、こども英会話のミネルヴァ、セイハネットワークなどである。一方、通常の英会話教室が幼児・子ども向けを併設している企業には、イーオン、ジー・エデュケーション、ジオスなどが挙げられる。ジオスは、併設校以外にもイトーヨーカドーなどショッピングセンターにて、子どもを対象とした教室を開いている。



※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。