MDB市場情報レポート

靴修理業

1.市場規模の推移
 靴修理業の市場規模を示す公的な統計はない。一世帯当たりの支出金額から算定する方法は、被服のリフォームとの按分ができないために、正確なアプローチとならない。
 そこで、靴修理業の店舗数とフランチャイズチェーンの本部が示す標準店の売上高を乗じて得た規模が下表のものである。
 市場規模の推移については、一世帯当たりの支出金額からみると、1990年代初頭に比べ現在は半分近くに落ち込んでいることが想定されるが、ここ数年はやや微増と思われる。





2. 参入企業
 靴修理を手がけている店舗は全国に約2,300店ある。そのほとんどが個人経営の靴販売店の併業である。
 チェーン展開している主な企業は下表の通りである。
 合鍵作成を併業しているチェーン店が多く、ミニット・アジア・パシフィック、職人工房、ミスタークイックマン等がその例である。
 また、洋服のリフォームとの併業が、あーる工房、サンリフォーム、リフォームスタジオ等である。
 商業施設にテナント出店している例が多く、サンリフォームはユニーの子会社であり、リフォームスタジオはイオングループの系列である。







※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。