MDB市場情報レポート

免税店

1. 市場規模の推移
 空港免税店の売上高については、(社)日本空港ビル協会が全国の免税店のある空港ビルよりデータを受取り集計しているが、公表していない。そこで報道さ れている成田国際空港、関西国際空港、中部国際空港の免税店売上高を元に、他の21の空港(那覇空港を除く)の売上高を出国者数統計から推計し、沖縄 ディーエフエス(株)の売上高及び機内で販売されている免税品の売上高を加えて全体の市場規模を推計した。また、免税店の企業主体別の売上高も参考にして いる。
 推移についてはわが国全体の出国者数統計を参考に推計した。





2. 参入企業
 空港ビルが直営で免税店を経営しているケースと、経営を委託しているケースがある。成田国際空港には直営はなく、関西国際空港、東京国際空港(羽田空 港)は直営と委託があり、中部国際空港は直営のみである。地方の空港のうち15の空港は、空港ビルが直営で行っているが、8の空港では委託で行っている。









※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。