MDB市場情報レポート

インテリアショップ

1.市場規模の推移
 2008年度のインテリアショップの市場規模は1兆1,500億円であり、前年との比較で微増にとどまった。2008年度前半は、好景気に伴い市場も好調に推移したが、秋口以降は世界不況の影響で、個人の可処分所得が大幅に減少した。その影響で、インテリアショップ市場も急速に冷え込んだ。2009年度以降、市場規模はマイナス傾向で推移すると見込んでいる。





2. 参入企業
 有力企業には、家具を主力とするニトリ、大塚家具、イケア・ジャパン、東京インテリア家具、村内ファニチャーアクセス、アクタス、バルス、カッシーナ・イクスシーなどが挙げられる。また、インテリアファブリック・生活雑貨を主力とする良品計画、サザビーリーグなどがある。



※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。