MDB市場情報レポート

哺乳びん・乳首

1.市場規模の推移
 哺乳びん・乳首が使用されているのは、主に家庭と病産院である。家庭における市場規模は、「哺乳びん・乳首の所有数」、「単価」、「使用割合」、「出生児数」などを掛け合わせて推計した。
 一方、病産院における市場規模は、厚生労働省「平成17年医療施設調査(静態調査・動態調査)病院報告」を参考に推計した。





2. 参入企業
 哺乳びん業界では、ピジョンがガリバー企業であり参入企業も限られている。他には、育児用品の総合メーカーであるコンビ、アップリカ・チルドレンズプロダクツも販売経路を活かし参入している。また、ベビー用の飲料を供給している大塚製薬が関連分野として参入しており、販売はビーンスターク・スノーが担っている。




※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。