MDB市場情報レポート

スクリーン印刷機

1.市場規模の推移
 スクリーン印刷機の市場は、2005年、2006年と横ばいで推移しているが、太陽電池や液晶テレビ、有機EL関連の需要があった2007年度は若干市場が拡大している。
 なお、太陽電池や液晶テレビ、有機EL関連向けについては、単価の高いハイエンド機種が使用されるため、これら分野向けの需要が増加すると、数量ベースに比べ金額ベースでの伸び率が高くなる傾向がみられる。





2. 参入企業
 スクリーン印刷機を製造している代表的なメーカーは下表の通りである。パナソニックファクトリーソリューションズや日立ビアエンジニアリングなど、大手電機メーカーの関連会社については、プリント基板製造で使用するスクリーン印刷機を主に製造しているが、その他のメーカーについては様々な用途に対応した機種を幅広く扱っている企業が多い。
 その他、スクリーン印刷機メーカーはシェア上位企業であっても、従業員規模が100〜200名程度の中小企業が多いのも特徴である。




※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。