MDB市場情報レポート

環 境(公害)用分析機器

1. 市場規模の推移
 環境(公害)用分析機器の国内市場は近年増加傾向にある。2007年度においては、数量ベースで42,000台となり対前年度比10%の増加となってい る。環境への取り組みは年々高まる傾向にあり、近年頻繁に改正されている。このように強まる環境規制への対応から、分析機器の需要も年々高まっている状況 にある。





2. 参入企業
 環境(公害)用分析機器市場に参入している主なメーカー及び海外メーカー代理店は、国内で約100社前後存在している。
 その内の代表的な企業は以下の通りであり、堀場製作所、島津製作所、日本電子、東亜ディーケーケーなどの国内大手の分析機器メーカーから中小の分析機器 メーカーまで多数の参入企業が見られている。
 なお、環境(公害)用分析機器については、分析対象となる化学成分や分類(ガス、液体など)、測定方法が多岐にわたっている。このためそれぞれの領域に おける技術を持った企業が、それぞれの強みを持つ領域で事業を展開しており、多数の参入企業が見られている状況にある。

主要参入企業一覧





※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。