MDB市場情報レポート

尿素SCRシステム

1.市場規模の推移
 2005年度、2006年度は日産ディーゼル工業のみが尿素SCRシステム搭載車を販売していたが、「新長期排出ガス規制」に対応する買い替え需要もあり、8,000台程度の出荷数となっている。2007年度については、「新長期排出ガス規制」への買い替え需要は一段落したものの、年度の途中から三菱ふそうトラック・バスが参入したため市場規模が拡大している。





2. 参入企業
 前述の通り、尿素SCRシステムは、システムが大型であるため、現状では車体設計にある程度余裕があり、尿素水タンク設置が容易な大型のトラック・バスでしか使用されていないということもあり、2009年2月現在、尿素SCRシステムを搭載しているのは、以下のトラックメーカー2社である。

主要参入企業一覧
企業名
日産ディーゼル工業(株)
三菱ふそうトラック・バス (株)


※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。