MDB市場情報レポート

磁石(教具・文具・家庭用品用)


1. 市場規模の推移
 一般用磁石は徐々にではあるが市場規模を拡大してきている。
 磁力の強いネオジム磁石、弾力性のあるラバー磁石といった製品開発と、ピン止め、フック、ボード用名札、磁気治療器といった用途開発があいまって市場が 拡大している。





2. 参入企業
  教具・文具用の分野には、TDKや日立電子といった大手は、参入しない。多品種・少量生産への対応が可能な中小企業が中心となる。
 協栄磁石工業、相模化学金属、東京フェライト創造、ニチレイマグネット、日本磁石工業、姫路電子、マグナの7社は任意団体「日本磁友会」を10年前に組 織している。年2回交流会を開き、情報交換をして相互の製品売買を通して事業の協力体制を築きつつある。
 下記の企業以外には、工業用がほとんどを占める企業、販売を中心とした企業、OEM供給を受けている文具メーカーなどがある。

主要参入企業一覧







※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。