MDB市場情報レポート

機能めっき液

1.市場規模の推移
 2006年・2007年は、世界的な好景気と電子部品を必要とするデジタル家電、ネットワーク機器等の普及により、機能めっき液の市場規模も順調に拡大していた。しかし、2008年の米国リーマンショックの影響による電子部品メーカー各社の在庫調整の影響を受け、機能めっき液の市場規模は大幅に減少している。





2. 参入企業
 機能めっき液の主要参入企業は以下のとおりである。生産工程の川上に行くほど企業規模が小さくなり、川下に行くほど企業規模が大きくなる傾向にある。同業界においては、最下流(ユーザー)に位置付けられるセットメーカーが最大規模を誇っており、川上に近い機能めっき液メーカーの企業規模は総じて小さい。



※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。