MDB市場情報レポート

浮遊選鉱剤

1. 市場規模の推移
 浮遊選鉱剤の商品としての歴史は古い。需要の最盛期は1930年代から1950年代の間であり、以降、次第に需要が減少し続け、現在に至っている。 2007年の市場ボリュームは110億円であり、このうち海外製品のウエイトは非常に高い。





2. 参入企業
 浮遊選鉱剤の参入企業は下記の通りである。日本市場においては大半を海外製品に頼っており、国産メーカーは商品を持っていながら、国産品の需要があまりにも少ないために事業効率上、販売に注力していない。







※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。