MDB市場情報レポート

業務用車両向け車載カメラ


1. 市場規模の推移
 業務用車両向け車載カメラに関する公表された統計資料等はないが、参入企業等にヒアリングして得られた市場規模を以下に示す。




(単位:億円)
年度 2004年 2005年 2006年
業務用車両向け 車載カメラ 166 211 269




2. 参入企業
 業務用車両向け車載カメラ市場に参入している企業数に関して、公的機関の統計データがないため、正確な企業数は把握できなかったが、業界団体や当該企業 にヒアリングした結果、以下のような参入企業が判明した。
 現在はCCDカメラが主流だが、CMOSカメラの採用が始まっており、今後、CMOSカメラが徐々に主流となってゆく可能性が高いとみられている。 CCDカメラメーカーとして、松下電器産業、クラリオン、住友電気工業、ソニー、三菱電機などがあり、CMOSカメラメーカーとしてホンダエレシス、京セ ラなどがある。

<主要参入企業>
企業名 所在地
オムロン 京都府京都市下京区塩小路町通 堀川東入
クラリオン 埼玉県戸田市大字上戸田50
シャープ 大阪府大阪市阿倍野区長池町 22-22
ソニー 東京都品川区北品川6-7- 35
ホンダエレシス 神奈川県横浜市保土ヶ谷区神戸 町134
横浜ビジネスパークハイテクセンター
京セラ 京都府京都市伏見区竹田鳥羽殿 町6
三菱電機 東京都千代田区丸の内2-7- 3 東京ビル
住友電気工業 大阪府大阪市中央区北浜4-5 -33 住友ビル
松下電器産業 大阪府門真市大字門真1006
東芝 東京都港区芝浦1-1-1 東 芝ビルディング



※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。