MDB市場情報レポート

エレベーター・エスカレーター


1. 市場規模の推移
 エレベーターの市場規模は、社団法人日本エレベータ協会の統計によると、2005年度では37,348台(対前年度比99.0%)、2006年度では 37,956台(同101.6%)とほぼ横ばい傾向をたどっている。
 一方、エスカレーターの市場規模は、2005年度では2,535台(対前年度比81.5%)、2006年度では2,831台(同111.7%)となって おり、エレベーターが建設投資などに左右されるのに対し、大規模商業施設や再開発事業さらにはバリアフリー等の上位施策によるところが大きいと想定され る。
 また、国内での既設エレベーター数は、同協会によれば2005年現在で594,365台と約60万台が稼動している。エスカレーターについては 56,486台と約6万台弱が稼動しているものとみられる。




<エレベーター・エスカレーター市場規模推移>


(単位:台)
  2003年度 2004年度 2005年度 2006年度(推)
エレベーター 34,133 34,618 34,813 35,125
エスカレーター 2,616 3,111 2,535 2,831
資料:(社)日本エレベータ協会、2006年当社推計。
日本エレベーター協会の正会員98社のうち、76社の集計結果


2. 参入企業
 (社)日本エレベータ協会の2005年度時点での正会員数は98社となっている。主要なエレベーターメーカーは、これに属する。
 また、参考までに経済産業省「工業統計」のエレベーター・エスカレーター製造業の事業所数(4人以上)をみると、部品・部材メーカー等を含むが、減少傾 向をたどっている。

エレベータ・エスカレータ製造業の事業所数および
従業者数の推移(従業者4人以上)
  2002 年 2003 年 2004 年
事業所数 277 280 246
従業者数(人) 11,650 11,519 11,127


 エレベーターの大手メーカーである三菱電機、日立製作所、東芝エレベータ、日本オーチス・エレベータ、フジテックが上位5社に位置づけられる。
 このほか、三精輸送機、シンドラーエレベータ、ダイコー、中央エレベーター工業、日本エレベーター製造、守屋輸送機工業、横浜エレベータなどが挙げられ る。
 また、国内ホームエレベーターを生産する主要企業は、松下ホームエレベーターと三菱日立ホームエレベーター、クマリフトなどが挙げられる。

<主要参入エレベーター・エスカレーターメーカー>
企業名 所在地
三菱電機(株) 東京都千代田区丸の内2-7- 3 東京ビル
(株)日立製策所 東京都千代田区丸の内1-6- 6
東芝エレベータ(株) 東京都品川区北品川6-5- 27
日本オーチス・エレベータ (株) 東京都中央区晴海1-8-10
晴海アイランドトリトンスクエアX棟12階
フジテック(株) 滋賀県彦根市宮田町591-1
三精輸送機(株) 大阪府吹田市江坂町1-13- 18
日本エレベーター製造(株) 東京都千代田区東神田1-9- 9
シンドラーエレベータ(株) 東京都江東区越中島1-2- 21 YKビル8階
横浜エレベータ(株) 神奈川県横浜市中区松影町2- 8-6
ダイコー(株) 東京都港区芝大門1-1-1
守屋輸送機工業(株) 神奈川県横浜市金沢区福浦1- 14-9
中央エレベーター工業(株) 東京都台東区上野3-4-9



※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。