MDB市場情報レポート

電設資材卸売業


1. 市場規模の推移
 電設資材卸売業の市場規模は2005年度で1兆1千億円と推定される。
 2003年度までは建材卸との競争激化、小売業の浸透などが原因で低迷していた。参入各企業は、リニューアルや小口需要の取り込みへ注力するなど市場回 復のための努力はしていたものの、これといった大きな決め手は見当たらなかった。
 しかし、オール電化需要の伸び率がここ1、2年、加速化してきたことから、2004年度から一気にプラスに転じたとみられる。オール電化は西日本、とく に九州や四国地区から中部・関西地区へと浸透してきたため、関西地区、中部地区の主要企業が増収増益となった。2005年度においては全国的にオール電化 効果が波及した模様である。
 ただし市場規模が伸びている要因としては追い風需要となっているオール電化の普及とあわせ、小口ユーザーである電気工事店のニーズに対応したオーダー メードのサービスの供給という参入企業各社の姿勢が実を結んでいることも見逃してはならない。






(単位:億円)
    
  2003年度 2004年度 2005年度
市場規模 9,700 10,200 11,000
前年度比 98.0% 105.2% 107.8%
当社推定


2. 参入企業
 参入企業は専業タイプが多く、松下電工系列の福西電機を除くと独立系企業が多いことが特徴となっている。グループとしてはトップの因幡電機産業系、ミツ ワ電機グループ(東北、東海等に系列会社あり)、扇港電機グループ(扇港電機、中部扇港電機、岐阜扇港電機、関東扇港電機)が3大グループであるが、その なかで北海道〜九州までグループ会社も含めて自社内ネットワークを持っているのは因幡電機産業1社である。東京都内を中心に事業展開をしていたトシン電機 も企業名をトシン・グループに改め、グループの拡大、サービス形態の多様化を図っている。
 その他は、藤井産業は栃木、茨城、福島等の北関東及び東北南部地区に展開し、新明電材は、北関東及び関東地区を中心にカバー、岡田電気産業は、東北地区 を対象(近年は東京への営業展開にも力を入れている)とし、北陸電機商会は、北陸地区等、本拠地エリアを中心とした営業展開を図っている。

<主要電設資材卸売業>
企業名 所在地
因幡電機産業(株) 大阪府大阪市西区立売掘4- 11-14
ミツワ電機(株) 東京都中央区東日本橋2-26 -3
福西電機(株) 大阪府大阪市北区与力町7-5
(株)扇港電機 三重県四日市市北浜町8-16
トシン・グループ(株) 東京都新宿区新宿1-3-7  トシンビル
藤井産業(株) 栃木県宇都宮市平出工業団地 41-3
(株)中部扇港電気 愛知県名古屋市熱田区金山町1 -19-3
名古屋電気(株) 愛知県名古屋市中区錦3-8- 14 名電ビル
新明電材(株) 埼玉県さいたま市北区吉野町2 -272-8
岡田電気産業(株) 福島県いわき市平谷川瀬明治町 27
小川電機(株) 大阪府大阪市阿倍野区阪南町2 -2-4
(株)光電舎 大阪府大阪市中央区北久宝寺町 3-6-9
鴻池ビル東館7階
田中商事(株) 東京都品川区南大井3-2-2
杉本電気産業(株) 神奈川県川崎市川崎区渡田向町 10-1 杉本第2ビル
(株)北陸電機商会 富山県富山市白銀町1-1



※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。