MDB市場情報レポート

業務用エアコン(パッケージエアコン)


1. 市場規模の推移
 業務用エアコンの市場規模は、2005年で国内市場向けが72万6,300台、海外市場向けが24万1,000台である。国内及び海外市場向けを合計す ると、96万台強の市場規模となるが、とくに国内市場向けは順調に推移しており、海外向けにおいては、2000年から2003年の4年間は輸出実績が低迷 していたが、ここにきて需要は徐々に回復している。
 なお、業務用エアコンには、GHP式のエアコンタイプは含まれない。




<業務用エアコンの市場規模推移>
(単位:台)
年次 2003年 2004年 2005年
販売台数 国内 598,400 674,600 726,300
輸出 159,000 218,000 241,000
合計 757,400 892,600 967,300
出所:日本冷凍空調工業会




2. 参入企業
 業務用エアコンの参入企業は、ダイキン工業のような大手専門メーカーを除くと大手弱電機メーカーが主体となっている。
 それら大手メーカーの販売合戦は熾烈をきわめており、三洋電機などからOEM供給を受けていた「日本電気エレクトロニクス」「ノーリツ」などは当該業界 から撤退をしている。また、エンジン駆動のガスヒートポンプ(GHP)を手掛けていたヤマハ発動機は、年間売上高200億円もあった事業から手を引いてい る。

<主要参入企業>
企業名 所在地
ダイキン工業(株) 大阪府大阪市北区中崎西2-4 -12
松下電器産業(株) 大阪府門真市大字門真1006
三菱電機(株) 東京都千代田区丸の内2-7- 3
東芝キャリア(株) 東京都港区港南2-12-32
日立アプライアンス(株) 東京都港区海岸1-16-1
三洋電機(株) 大阪府守口市京阪本通2-5- 5
三菱重工業(株) 東京都港区港南2-16-5



※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。