MDB市場情報レポート

業務用音響設備


1. 市場規模の推移
 音響設備の市場規模は1000億円台でほぼ微増ないし横ばい状況となっている。ここ数年の平均成長率は年率1.7%前後であり、市場は大きく動いていな い。新規の設備導入は限定されており、更新需要などが中心となっているためである。




市場規模推移
  2004年 2005年 2006年
市場規模金額 (億円) 1,002 1,019 1,036




2. 参入企業
 音響設備事業に参入している企業数に関して、公的機関の統計データはないため、正確な企業数は把握できなかったが、業界団体や当該企業にヒアリングした 結果、以下のような参入企業が判明した。
 音響に関連する機器を取り扱うメーカーにおいては、業務用の音響設備に特化したメーカーは少なく、民生用の音響機器を併せて取り扱っている事例が多い。

<主要参入企業>
企業名 所在地
エクセレントオンキョー 大阪府東大阪市東石切町1-7 -17
オーディオテクニカ 東京都町田市成瀬2206
ベックス 東京都新宿区大久保1-2-9
ボーズ 東京都渋谷区円山町28-3  渋谷YTビル
ヤマハ 静岡県浜松市中沢町10-1
ローランド 静岡県浜松市細江町中川 2036-1
松下電器産業 大阪府門真市大字門真1006
城下工業 長野県上田市常入1-1-58
日本ビクター 神奈川県横浜市神奈川区守屋町 3-12
不二音響 東京都千代田区六番町7-22



※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。