MDB市場情報レポート

放送用テレビカメラ(世界・日本)


1. 市場規模の推移
 2005年度におけるテレビカメラの市場規模は、世界市場で600億円、日本国内市場で100億円規模と推定され、ここ数年は同水準での市場推移となっ ている。




(単位:億円)
年度 2003年度 2004年度 2005年度
テレビカメラ (世界) 600 600 600
テレビカメラ (日本) 100 100 100


※金額はメーカー出荷ベース


2. 参入企業
 テレビカメラ市場に参入する企業は、ソニー、松下電器産業、池上通信機が主要3社であり、日本ビクター、日立国際電気も製品は上市しているものの、販売 実績はないに等しい。
 また、欧州で実績をもつグラスバレー(日本法人:グラスバレージャパン)も日本市場参入を狙っているが、日本国内での販売実績は皆無の状況である。

企業名 所在地
ソニー 東京都港区港南1-7-1
松下電器産業 大阪府門真市大字門真1006
池上通信機 東京都大田区池上5-6-16
日本ビクター 神奈川県横浜市神奈川区守屋町 3-12
日立国際電気 東京都千代田区外神田4-14 -1
トムソン(グラスバレー) (グラスバレージャパン)
東京都中央区日本橋1-12-8



※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。