MDB市場情報レポート

ステープラー


1. 市場規模の推移
 2005年度のステープラー市場は、前年度からほぼ横ばいの225億円となっている。
 近年の国内のステープラー市場は、個人用・オフィス用・複写機内蔵用以外には目新しい新規需要分野が見当たらない状況であるが、反面、複写機内蔵用の オートステープラーなど好調な分野もある。
以上のことから、ここ数年市場は220億円前後で横ばい推移となっている。



(単位:億円)
年度 2003年度 2004年度 2005年度
ステープラー (ホッチキス) 224 225 225


*メーカー出荷金額ベース
当社推定


2. 参入企業
 ステープラー市場参入企業は、最大手のマックスをはじめ、文具・オフィス家具の総合メーカーであるコクヨ、通販での商品展開に強みを持つPLUS、キャ ラクター・ファンシー文具をメインに展開するサンスター文具などがある。
 ただし、各社ともステープラー専業メーカーではなく、文具全般や他の商品との兼業メーカーであるのが特徴である。

企業名 所在地
マックス 東京都中央区日本橋箱崎町6- 6
PLUS 東京都港区虎ノ門4-1-28
コクヨS& T/TD> 大阪市東成区大今里南6-1- 1
サンスター文具 東京都台東区竜泉3-35- 13



※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。