MDB市場情報レポート

修正液・修正テープ


1. 市場規模の推移
 修正液・修正テープの市場規模は、2006年で106億円程度と推定され、2004年から2006年にかけては縮小傾向が窺える。修正液市場は修正テー プの登場により長期的な縮小傾向にあったが、発売開始以降順調に伸長してきた修正テープの市場が横ばいから減少に転じたことにより、修正用品の市場全体で 縮小となったと見られる。
 先述のとおり、修正テープは1995年頃から急速に普及し、2001年前後に修正液の販売金額を抜いたものと見られる。現在、修正テープの出荷額は販売 金額の2倍近くに上るが、価格の安い輸入品が増加していることや、小売店頭での低価格化が進んでおり、メーカーは厳しい状況に置かれているといえよう。




(単位:億円)
2004年 2005年 2006年
修正液・修正 テープ 122 116 106
経済産業省「繊維・生活用品統計」


※市場規模は、一部輸出を含む。 


2. 参入企業
 修正液・修正テープの製造を行う事業所数を記載する統計資料はないが、筆記用具や事務用品と併せて修正用品の市場に参入している企業は、25社程度と見 られる。そのなかでとくに主要とされる企業を以下に表で記載している。修正液・修正テープメーカーは、修正用品のみを製造するのではなく、事務用品・文房 具等の製造を併せて行う企業が多い。筆記用具メーカーとして有力な企業や、事務用品全般を扱う企業が名を連ねている。
 修正用品においては、1991年頃、特許を侵害する輸入品が多数出回り、深刻な問題となった。それらの販売は100円ショップや、大型雑貨店等、低価格 での販売を行う小売店で見られた。修正テープのヘッド部分を構成する技術は特許化されているが、アジア諸国を中心に模倣品・粗悪品が製造されており、メー カー各社による国内外の企業との協力や、知的財産保護の働きかけを経て、現在では模倣品の流通は改善したと見られる。日本の修正液・修正テープ市場への参 入企業の持つ技術は世界でも先進的なものであり、技術を競い合うとともに、品質の維持や模倣品の排除のために強く団結する一面も持つ。

<主要参入企業>
企業名 所在地
(株)カズキ 大阪府中央区南本町2丁目1- 10 一貴弐番館7F
コクヨ(株) 大阪府大阪市東成区大今里南6 丁目1番1号
(株)シード 大阪府大阪市都島区内代町3丁 目5番25号
セーラー万年筆(株) 東京都江東区毛利2-10- 18
ゼネラル(株) 大阪府大阪市城東区中央2- 15-20
ゼブラ(株) 東京都新宿区東五軒町2-9
(株)トンボ鉛筆 東京都北区豊島6-10-12
(株)パイロットコーポレーション 東京都中央区京橋2丁目6番 21号
フジコピアン(株) 大阪府大阪市西淀川区御幣島5 丁目4番14号
プラス(株) 東京都港区虎ノ門4丁目1番 28号
虎ノ門タワーズオフィス12F
ぺんてる(株) 東京都中央区日本橋小網町7- 2
三菱鉛筆(株) 東京都品川区東大井5丁目23 番37号
ヤマト(株) 東京都中央区日本橋大伝馬町9 -10
ユニオンケミカー(株) 大阪府枚方市招提田近3-10



※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。