MDB市場情報レポート

筆記具


1. 市場規模の推移
 筆記具の市場規模は、2005年で742億円程度と推定される。2003年から2005年にかけては微増で推移しているが、長期間の動きでは市場規模は 縮小傾向にある。貿易統計によると、筆記具の輸入金額は年々増加しており、国内出荷額の減少傾向を、輸入金額の増加が補う形で、前年比プラスに転じ、市場 を維持していると見られる。
 国内企業間での競争激化、輸入品の増加に加え、流通チャネルの多様化により価格の低下が進んでいるため、筆記具メーカーは厳しい状況に置かれているとい えよう。
 筆記具のそれぞれの推移を見てみる。経済産業省の工業統計によれば、2000年から2005年の5年間で、鉛筆・万年筆が横ばいで推移しているなか、 ボールペンの出荷額が減少傾向にある。財務省の貿易統計では、2003年から2006年の4年間の比較では、ボールペンの輸入額の顕著な増加に加え、鉛筆 も微増傾向が見られる。
 商品にオリジナリティや価値を付加し、消費者のニーズに応えるために、国内メーカーは商品の構造、インク、素材の開発・改良を重ねている。




(単位:億円)
2004年 2005年 2006年
筆記具 731 742 702
経済産業省「工業統計」、財務省「貿易統計」を基に弊社推計


当社推定


2. 参入企業
 総務省「事業所・企業統計調査」によると、ここで述べてきた筆記用具に完全に合致するカテゴリはないが、近いメーカーを対象とするものとして、ペン・鉛 筆等事務用品製造業がある。ペン・鉛筆等事務用品製造業の総数は、2004年では760事業所存在している。2001年には事業所の総数は834事業所で あり、約9%程度、減少したと見られる。
 国内の代表的な筆記具の製造企業としては、三菱鉛筆(株)、(株)トンボ鉛筆、(株)パイロットコーポレーション等が挙げられる。筆記具のメーカーは主 要生産の品目に筆記具全般に加え、修正用品やのり等、文房具・事務用品に関連する商品の製作を行う企業が多い。しかし、近年の文房具・事務用品の競争の激 化を受けて、OA関連品や印章、化粧品等に事業を拡大する企業も見られる。

<主要参入企業>
企業名 所在地
オート(株) 東京都台東区蔵前4-5-9
コクヨ(株) 大阪府大阪市東成区大今里南6 丁目1番1号
(株)サクラクレパス 大阪市中央区森ノ宮中央1-6 -20
シャチハタ(株) 愛知県名古屋市西区天塚町4- 69
ステッドラー日本(株) 東京都千代田区岩本町1-6- 3秀和第3岩本町ビル
セーラー万年筆(株) 東京都江東区毛利2-10- 18
ゼブラ(株) 東京都新宿区東五軒町2-9
寺西化学工業(株) 大阪府大阪市旭区生江2丁目 13-11
(株)トンボ鉛筆 東京都北区豊島6-10-12
ニューウェル・ラバーメイド・ ジャパン(株)
サンフォード事業部
東京都台東区台東4丁目28番 11号御徒町中央ビル
(株)パイロットコーポレーション 東京都中央区京橋2丁目6番 21号
プラチナ萬年筆(株) 東京都台東区東上野2丁目5番 10号
ぺんてる(株) 東京都中央区日本橋小網町7- 2
三菱鉛筆(株) 東京都品川区東大井5丁目23 番37号



※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。