MDB市場情報レポート

次世代ゲーム機


1. 市場規模の推移
 2005年度時点では、Xbox360以外の次世代ゲーム機は販売されていないので、旧世代のゲーム機(ハード)の市場規模の推移について示す。
 本市場規模に含まれるゲーム機は、任天堂のゲームキューブ・ゲームボーイアドバンス・ニンテンドーDS、SCEのプレイステーション2・プレイステー ションポータブル、マイクロソフトのXbox、Xbox 360である。
 プレイステーション2の普及が一段落したことから、ハード市場自体は縮小傾向が続いていたものの、2005年度にはニンテンドーDSが大ヒットしたこと を受けて、販売高が大幅に伸びていることが特徴である。




(単位:億円)
年度 2003年度 2004年度 2005年度
次世代ゲーム機 1,300 1,250 1,650


※メーカー出荷金額ベース
当社推計


2. 参入企業
 先述したとおり、家庭用ゲーム機業界は過去においてセガやNEC、パナソニックなどのメーカーが参入していたが、現在では以下の3社がハードを提供する のみであり、次世代ゲーム機のシェアを争っている。

企業名 所在地
任天堂(Wii) 京都市南区上鳥羽鉾立町11- 1
SCE(PS3) 東京都港区南青山2-6-21
マイクロソフト (XBox360) 東京都渋谷区代々木2-2-1



※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。