MDB市場情報レポート

子供用アパレル


1. 市場規模の推移
 子供用アパレルの末端(小売)市場規模は2005年で9,770億円(前年比98.1%)となったものと推定される。
 2005年は、百貨店、GMSの平場における売上低迷やメーカーの直営店売上不振も加わり減少している。専門店はSCへの出店増加が奏功し大手チェーン を中心に売上を伸ばしている。しかしながら既存店舗で売上を伸ばしている企業はごく一部に限られ、新規出店を増加することで全体売上を伸ばしているのが現 状である。つまり業績拡大している企業は店舗数を拡げている大手チェーンに限られ、中堅クラス以下の専門店については減少傾向であると同時に専門店のオー バーストア状態が浮き彫りとなっている。
 2006年は依然専門店が市場の底上げ要因となっているものの、売上低迷を続ける他の小売業態まではカバーできず全体では前年比98.6%、9,630 億円で推移するものと予測される。




(単位:億円)
年度 2004年 2005年 2006年(見込)
末端(小売)市 場規模 9,960 9,770 9,630


当社推定


2. 参入企業
 本稿における子供用アパレルの参入企業は、婦人・紳士・子供服を総合的に展開する総合アパレルメーカー、ベビー・キッズの専業メーカー、それ以外の専業 メーカー(ジーンズ、スポーツ・アウトドア)を対象としており全体で約250社程度存在する。




※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。