MDB市場情報レポート

豆腐


1. 市場規模の推移
 豆腐市場は2005年で2003億円規模であり、前年よりわずかに減少している。ここ数年来需要量はほぼ横ばいであるが、単価の下落が影響している。
 元来、需要の中心は夏場の冷奴、冬場の鍋といったところが定番である。実際は、その他、ミソ汁の具、マーボ豆腐といったメニューなどがシーズンを通して 存在し、さらに最近では、エアコンの普及による季節感の希薄なため、ほぼ年間を通して需要が平均している。
 従来は200g前後の1個パックで販売されることが多いため、単身者などには大きすぎ、とくに若者に対してあまり浸透しているとはいいがたかったが、全 体に安定した需要があることから、彼らなどの従来あまり摂取していない層に向けての商品開発も、近年活発になってきている。
 例えば、小包装タイプ、コンビニルートの開拓などの取り組みが行われているが、現在のところ市場を押し上げるほどの効果はあらわれていない。




<豆腐の市場規模推移>
(単位:百万円)
年次 2003年 2004年 2005年
販売金額 200,800 200,500 200,300
(当社推定)




2. 参入企業
 豆腐製造許可数は事業所数であり、参入企業数(法人でないところも多い)では4,000社・店弱と見られる。製造小売業態中心の全豆連(全国豆腐油揚協 同組合連合会他)加盟企業が約3,800社、製造卸売中心の日本豆腐協会加盟(一般会員)が約30社となる。
 比較的大手とされる企業は以下のとおりである。

企業名 本社所在地
太子食品工業(株) 青森県三戸郡三戸町大字川守田 字沖中68
さとの雪食品(株) 徳島県鳴門市大津町矢倉六の越 63
朝日食品工業(株) 東京都豊島区東池袋4-21- 6
タカノフーズ(株) 茨城県小美玉市野田1542
日本ビーンズ(株) 東京都中央区日本橋小網町17 -2
(株)ホーム食品 神奈川県綾瀬市小園字北原 1090
(株)篠崎屋 埼玉県越谷市千間台西1-13 -5
三和豆友食品(株) 茨城県古河市尾崎2647-1
相模屋食料(株) 群馬県前橋市鳥取町123



※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。