MDB市場情報レポート


機内食


1. 市場規模の推移
 本市場に影響を与えるのは国際線の利用客数である。我が国の26都市と世界43か国・地域116都市との間で国際航空ネットワークが形成されている。
 世界的な原油高に起因した航空路線網の縮小の影響はあるものの、日中航空交渉妥結により、昨年冬から中国路線の大幅増便も寄与し、我が国の国際航空輸送 は、ここ3年間全体的に増加傾向にある。
 このため、機内食市場も対前年比2%の微増ではあるものの増加基調にある。なお下記では製造企業たるケータリング会社が、各航空会社に対して販売した売 上の合計を示している。



市場規模推移
  2003年度 2004年度 2005年度
販売金額(百万 円) 50,000 51,000 52,000




2. 参入企業
 本製品に参入しているのはいわゆるケータリング業である。主要企業については下記表のとおりである。
 参入企業は、大きく3つに大別でき、1.大手航空会社の関連子会社(インハウスケーターラー)、2.飲食・食品関連会社の合弁会社または関連子会社、 3.空港施設運営会社の系列子会社、となっている。




※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。