MDB市場情報レポート

国際宅配便


1. 市場規模の推移
 国際宅配便市場は法人需要が中心であるため、景気動向や為替要因などに大きく影響を受けるものである。
 近年の市場は、景気の回復、または企業の海外進出等の国際化の影響により、需要は堅調に増加推移している。




(単位:億円)
年度 2003年度 2004年度 2005年度
国際宅配便 980 1,180 1,270

※金額は宅配業者売上高ベース
※輸入含む
当社推定


2. 参入企業
 国際宅配便に自社ブランドを掲げて参入している企業は、外資系企業・日系企業計30社程度となっている。
 とくに、DHLジャパン、フェデラルエクスプレスジャパン、UPSジャパン、TNTエクスプレスの4大インテグレーターが世界同様、日本でも強大なシェ アを確保している。

   
企業名 所在地
外 資系 DHLジャパン 東京都品川区東品川1-37- 8
フェデラルエクスプレスジャパ ン 東京都千代田区一番町16
UPSジャパン 東京都港区芝浦4-13-23
TNTエクスプレス 東京都港区芝浦4-3-4
ワールドクウリアー 東京都中央区八丁堀4-11- 7
エアボーンエクスプレス 東京都港区港南4-6-46
ペガサスパーセルサービス 東京都品川区南品川1-2- 11
日 系海外新聞普及東京都港区芝浦 2-9-13
近鉄エクスプレス 東京都千代田区大手町1-6- 1
佐川急便 京都府京都市南区上鳥羽角田町 68
西濃運輸(西濃シェンカー) 東京都品川区東品川2-2- 24
日本通運 東京都港区東新橋1-9-3
阪急交通社 大阪府大阪市北区西天満6-4 -18
福山通運 広島県福山市東深津町4-20 -1
ヤマト運輸 東京都中央区銀座2-16- 10
郵船航空サービス 東京都中央区日本橋箱崎町30 -1



※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。