MDB市場情報レポート

予備校


1. 市場規模の推移
 予備校の市場規模は2005年で9,000億円(前年比96.7%)と推定される。志願者数の減少の影響から2003年から減少しており、9000億円 を割り込むのも近い。ただし、これは個人経営も含めた広義の予備校の市場規模であり、専修・各種学校を主体とした狭義の市場規模は、2,400億円と推定 される。
 中学・高校受験及び大学受験の人口は減少傾向をたどっており、全般的に厳しい経営環境にさらされているといえる。
 企業間競争は激化しており、受講料単価の下落など、経営環境は楽観できない状況にある。このような背景から予備校等企業は、幼児や高校生以上へのター ゲットの拡大、経営の効率化と教務力向上のための企業間提携などを方向づけている。
 現役重視や個別指導への趨勢もあることから、ニーズを取り込んだ商品づくりが重要となっている。教室の有効利用といった事業領域の拡大といった展開もみ られる。




(単位:億円)
年度 2003年 2004年 2005年
予備校 9,600 9,300 9,000


当社推定


2. 参入企業
 総務省「事業所・企業統計調査」によれば、予備校という分類はないが、学校教育以外の教育として「その他の教育・学習支援業」という分類のなかで「学習 塾」に含まれ2004年では49,198事業所存在する。
 全国予備学校協議会には80予備校が加盟しており主要な予備校に挙げられるが、代々木ゼミナール等、協議会以外の予備校を含め約250校があるとみられ る。
 大学受験の代表的な予備校は「代々木ゼミナール」「河合塾」「駿台予備校」の三大予備校及び、(株)サマデイ(早稲田塾)、(株)城南進学研究社(城南 予備校)、(株)ナガセ(東進ハイスクール)などが挙げられる。大手予備校は、都市部でのドミナント方式での教室展開でエリアを拡大している。
 近年では、2006年8月、(株)ナガセ(東進ハイスクール)は四谷大塚を買収、(株)ベネッセコーポレーションは2006年11月中堅予備校のお茶の 水ゼミナールを買収するなど相乗効果を狙った業界の動きは活発化している。

<主要参入予備校>
学校法人/企業名 所在地
駿河予備学校((学)駿河台学 園ほか) 東京都千代田区神田駿河台2- 5-17
河合塾((学)河合塾) 名古屋市千種区今池2-1- 10
代々木ゼミナール((学)高宮 学園) 東京都渋谷区代々木1-27
(株)栄光 埼玉県さいたま市南区南本町1 -2-13
(株)市進 千葉県市川市八幡2-3-11
(株)ナガセ 東京都武蔵野市吉祥寺南町1- 29-2
(株)ワオ・コーポレーション 大阪府大阪市北区中崎西2-6 -17 WAO第1ビル
(株)東京個別指導学院 東京都中央区佃1-11-8  ピアウエストスクエア2階
(株)秀英予備校 静岡県静岡市葵区鷹匠2-7- 1
(株)サマデイ 東京都千代田区六番町6-4
(株)さなる 東京都新宿区西新宿3-2-8
(株)早稲田アカデミー 東京都豊島区池袋2-5-7  ルート池袋ビル
(株)明光ネットワークジャパ ン 東京都豊島区池袋2-43-1  池袋青柳ビル
(株)京進 京都府京都市下京区烏丸通五条 下ル大阪町382-1
(株)城南進学研究社 神奈川県川崎市川崎区駅前本町 22-2



※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。