MDB市場情報レポート

不動産オークション


1. 市場規模の推移
 日本の不動産オークション市場は歴史が浅く、1998年から開催されている。当初は、社会的認知度の低さや出展者、出展物件の確保が思うようにいかな かったことから市場は伸び悩んだが、2002年頃から市場が急速に伸び続けている。
 2005年度の市場規模は落札金額ベースで480億円と、不動産流通市場全体から見れば金額は決して大きくないが、今後更なる成長が見込まれる。




(単位:億円)
年度 2003年度 2004年度 2005年度
不動産オーク ション 160 260 480


※落札金額ベース
当社推定


2. 参入企業
 不動産オークション市場の主な参入企業は、アイディーユー、スターツピタットハウス、船井財産コンサルタンツ、SBIホールディングス、などである。
 主要企業においては、取扱物件種別や入札方式にそれぞれの戦略の違いを見ることができる。
 取扱物件種別では、アイディーユー、船井財産コンサルタンツ、SBIホールディングスにおいては投資用物件が多く、スターツピタットハウスにおいては居 住用物件が多い。しかしながら、取扱物件種別に関しては、不動産オークション全体市場の拡大を見込んで各企業がその範囲を拡大する傾向があり、取扱物件種 別による分類は境界が不明瞭になりつつある。
 今後予想されるオークション方式での不動産取引の普及や中古住宅流通市場の活性化をにらみ、大手不動産仲介業者やベンチャー企業の新規参入が見込まれて いる。
 参入企業においては、優良物件の確保及び出展が他社との差別化を図る最大のポイントである。各社は不動産仲介業者と提携し、オークションの仕組みを開放 することで、出展物件確保を図っている。

 
企業名 所在地
アイディーユー 大阪府大阪市北区梅田2-2- 2
スターツピタットハウス 東京都中央区日本橋3-3- 11
船井財産コンサルタンツ 東京都新宿区西新宿2-4-1
SBIホールディングス 東京都港区六本木1-6-1
ヤフー 東京都港区六本木6-10-1
野村不動産アーバンネット 東京都新宿区西新宿1-26- 2
ASNアセットマネジメント 東京都中央区京橋1-1-5
ホームズダイレクト 東京都千代田区九段南3-4- 5



※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。