MDB市場情報レポート

ビジネススーツ小売業


1. 市場規模の推移
 ビジネススーツ小売市場規模は2005年で8,936億円(前年比102.5%)と推定される。2004と2005年の販売額推移は大手ビジネス専門 チェーンによる売上が大きく影響していると見られる。
 総務省「家計調査年報」の1世帯当たりの年間のスーツ支出金額を見ると、1991年を境に減少を続けている。また同様にスーツの購入数量も減少傾向にあ る。クール・ウォームビスが実施された2005年は支出金額、購入数量ともに増加しているが、大勢としてはマイナス基調にあると捉えられる。一方で、クー ル・ウォームビスの恩恵を受けたのがジャケット・ブレザーである。1世帯当たりのジャケット・ブレザーの年間支出金額・購入数量がともに増加しており、ビ ジネスシーンにおけるドレスダウン化の影響でスタイルの多様化がプラス要因として挙げられる。こうしたビジネススタイルのシフトに伴い、分母の大半を占め るスーツの需要の減少が予想され全体としては微減傾向で進んでいくと予想される。




(単位:億円)
  2004年 2005年 2006年(見込)
ビジネススーツ 小売 8,715 8,936 8,909




2. 参入企業
 ビジネススーツ小売の参入企業数は、専門店、百貨店、GMSなどを含め約200社存在するものと推定される。スーツを専門に小売展開している企業や伊勢 丹や高島屋などのメンズ部門に注力している大手百貨店などが上位を占めていると見られる。




※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。