MDB市場情報レポート


外国為替証拠金取引


1. 市場規模の推移
 外国為替証拠金取引には取引所取引(くりっく365)と非取引所取引(店頭取引)があり、区分ごとに市場規模を示すと以下のとおりである。
 (株)東京金融先物取引所における為替証拠金取引の取引数量は、2006年度の第4四半期で約645万単位(1単位=1万通貨単位)規模にて取引されて おり、円換算すると、約9兆円規模で取引されていることになる。これは、同時期の店頭取引金額である109兆円に比べると、わずか8%強程度である。つま り、本市場においては、相対取引である店頭取引市場が圧倒的に大きいことがわかる。



取引所取引の市場規模推移(取引数量・金額)
    
2006 年度 2006 年度計
第1四半期 第2四半期 第3四半期 第4四半期
市場規模(取引数 量) 2,430,279 3,142,901 3,925,200 6,446,810 15,945,190
市場規模(取引金 額、億円) 30,228 41,151 52,903 92,194 216,476
※HP公表の、日ごとの商品別取引数量と清算価格を、乗じたものを合計した
(株)東京金融先物取引所統計データより、弊社作成




店頭取引の市場規模推移(取引金額)
2005年度 2006 年度※2 2006 年度計
第2〜4四半期※1 第1四半期 第2四半期 第3四半期 第4四半期
市場規模(取引金 額、億円) 1,408,324 683,845 693,374 771,865 1,091,680 3,240,796
 1.金融先物取引業協会会員及び特別参加者からの報告に基づく集計。
 2.買付取引と売付取引の合計であり、媒介取引の計数を含む。
※1:2005年度中の新規入会社の入会前取引を含む。
※2:2006年度第1四半期以降につき会員からの報告数値の大幅な訂正を織 り込んだ数値。
(社)金融先物取引業協会統計データより、弊社作成




2. 参入企業
 外国為替証拠金取引の取扱い業者は、一時200以上の参入が見られたが、2005年の法改正により、悪質業者や法律による資本規制をクリアできない業者 が姿を消すなど、現在は80社弱となっている。最近では、大手証券会社が続々と参入するなど、再び業者の増加傾向が現れている。うち取引所取引(くりっく 365)の参加企業は13社と少ない。取引所取引については、旧来の証券会社、商品先物取引会社が兼業として運営している場合が多いが、いくつかの企業は 同時に店頭取引も行っている。
 一方、店頭取引での有力企業は、2005年7月の金融先物取引法の改正後、比較的早期に専業の法人を設立して参入した会社が多い。最近でも、円の超低金 利状態と個人投資家の過熱ぶりを受けて、新規に参入する企業が相次いでいる。
 すべての取引所取引参加企業、及び有力店頭取引企業を、以下のとおり掲げた。

<取引所取引参入企業一覧>
   
企業名 専/兼 住所
商 品先物系 エース交易(株) 渋谷区渋谷3-29-24  エースファーストビル
(株)小林洋行 中央区日本橋蛎殻町1-15- 5 小林洋行本社ビル
三貴商事(株) 中央区東日本橋1-5-6
スター為替(株) 千代田区神田須田町1-24- 1
東京コムウェルFX(株) 豊島区高松1-1-11
(株)ハーベストフューチャー ズ 渋谷区渋谷2−11−14  ハーベストビル
豊商事(株) 中央区日本橋蛎殻町1-16- 12
証 券会社系ウツミ屋証券(株) 広島市中区立町2-30
ばんせい証券(株) 中央区新川1-21-2 茅場 町タワー
岡三オンライン証券(株) 中央区銀座3-9-7
コスモ証券(株) 大阪市中央区北浜1-6-10
ユニマット山丸証券(株) 中央区日本橋兜町3-11
リテラ・クレア証券(株) 中央区日本橋茅場町1-6-11




※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。