MDB市場情報レポート

切断機器


1. 市場規模の推移
 切断機器については、経済産業省工業統計表でシャーリングマシンに分類されており、それをベースに市場規模を推定した。その結果を以下に示す。
 切断機器については、数量ベースでは横ばい状態となっているが、金額ベースでは、高精度化のなかで単価が上昇する傾向があり、金額ベースでは微増状況と なっている。




(単位:億円)
年度 2004年 2005年 2006年
切断機器 231 243 255




2. 参入企業
 切断機器製造業に携わる事業所数は、経済産業省工業統計表によれば2004年時点で32事業所となっており、参入企業は限定的である。

<事業所数>
  2002 年 2003 年 2004 年
事業所数 34 32 32
経済産業省工業統計


 切断機器製造業に参入している主要な企業は以下のとおりである。アマダ、関西鐵工所、相澤鉄工所などが上位を占めている。

<主要参入企業>
企業名 所在地
アマダ 神奈川県伊勢原市石田200
ダイヘン溶接メカトロシステム 大阪府摂津市南千里丘5-1
ニコテック 東京都世田谷区玉川田園調布1 -15-12
関西鐵工所 大阪市鶴見区諸口4-8-30
小池酸素工業 東京都墨田区太平3-4-8
相澤鉄工所 栃木県足利市福富新町726
東洋ガラス機械 神奈川県横浜市旭区川井本町 76



※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。