MDB市場情報レポート

凍結解凍装置


1. 市場規模の推移
 凍結解凍装置は、凍結した輸入食品が増える傾向になる中で、とくに、品質を損なわずに、急速解凍を行いたい場合には欠かせない装置となっており、成熟分 野ではあるものの増加傾向を継続している。以下に市場規模を示す。




(単位:億円)
年度 2004年 2005年 2006年
凍結解凍装置 304 318 332




2. 参入企業
 殺菌装置事業に参入している企業数に関して、公的機関の統計データがないため、正確な企業数は把握できなかったが、業界団体・企業等のヒアリングによ り、以下のような主要企業があることが判明した。
 凍結解凍方法にはさまざまな方法があるが、凍結解凍装置としては、高周波タイプ、マイクロ波タイプなどがメインとなっている。

<主要参入企業>
企業名 所在地
ケーイーコーポレーション 静岡県静岡市清水区宮加三 715
タイヨー製作所 北海道北斗市清水川226- 10
ナラサキ産業 北海道室蘭市海岸町3-3-2
宇部工業 山口県宇部市妻崎開作874- 1
極東産機 兵庫県たつの市龍野町日飼 190
三浦プロテック 愛媛県松山市堀江町7
三菱電機冷熱プラント 東京都品川区南大井3-14- 9
山本ビニター 大阪府大阪市天王寺区上汐6- 3-12
前川製作所 東京都江東区牡丹2-13-1



※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。