MDB市場情報レポート

振動防止装置


1. 市場規模の推移
 (社)日本産業機械工業会の統計によれば、振動防止装置の市場規模は、ピーク時で1993年度の16億300万円であり、その他の年度では、1997年 の7億2,200万円、2001年の5億9,600万円が目立ったほかは、1億円〜4億円のレベルで推移している。2005年は2億6,000万円であっ た。
 なお本統計は、同協会及び優良環境装置協議会の会員を対象に調査したもので、主に「産業向け装置」製造を生業とする企業が中心で、「素材」製造を中心と した企業は含まれないものとみられる。




<振動防止装置の市場規模推移>
(単位:百万円)
年度 2003年 2004年 2005年
生産金額 232 435 260
出所:日本産業機械工業会「環境装置の生産実績」




2. 参入企業
 振動防止装置の参入企業は、さほど多くはなく、下記の大手メーカーで市場の大部分を占めている。最大手メーカーは荏原製作所であり、市場全体の4分の1 を占めるに至っている。

企業名 所在地
(株)荏原製作所 東京都大田区羽田旭町11-1
(株)神戸製鋼所 兵庫県神戸市中央区脇浜町2- 10-26
千代田化工建設(株) 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央 2-12-1
(株)日立製作所 東京都千代田区丸の内1-6- 6
三菱重工業(株) 東京都港区港南2-16-5



※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。