MDB市場情報レポート

都市ごみ処理装置


1. 市場規模の推移
 都市ごみ処理装置の2005年の市場規模は、2,232億5,500万円であり、2002年のピーク時の32.1%の大幅な減少となった。
 現在市場におけるトップ企業は、(株)タクマテクノスであるが、以下に続くメーカーの力関係、あるいはシェアも拮抗しており、今後は激しい競合をしいら れることとなるであろう。




<都市ごみ処理装置の市場規模推移>
(単位:百万円)
年次 2003年 2004年 2005年
販売金額 299,498 293,412 223,255
出所:(社)日本産業機械工業会




2. 参入企業
 都市ごみ処理装置の参入メーカーは30社とも、40社ともいわられており、前述のとおり、重機械メーカー、鉄鋼メーカー、プラントメーカーで大半が占め られている。
 下記の企業が主力メーカーとなるが、このなかでもタクマテクノス、三菱重工業、川崎重工業、日立造船等は上位に位置づけられている。

企業名 本社所在地
荏原(株) 東京都大田区羽田旭町11-1
極東開発工業(株) 兵庫県西宮市甲子園口6-1- 45
新日鉄エンジニアリング 東京都千代田区大手町2-6- 3
(株)タクマテクノス 東京都中央区日本橋本町1-5 -6
日立造船(株) 大阪市住之江区南港北1-7- 89
ミヤマ 長野市丹波島1-1-12
住友重機械工業(株) 東京都品川区北品川5-9- 11
三菱重工業(株) 東京都港区港南2-16-5
川崎重工業(株) 神戸市中央区東川崎町1-1- 3



※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。