MDB市場情報レポート

農薬原体


1. 市場規模の推移
 2005年度の農薬原体市場の規模は2,027億円(輸出を含む)であり、2004年度と比較して18億円の増加である。2005年度の国内外の内訳を みると、59%が国内向け市場向け、41%が海外向け市場向けという比率になっている。
 国内向け市場は前年比約2%減少しているのに対し、海外向け市場は前年比約6%伸びている。国内向け市場、海外向け市場ともに小幅なレンジで増減を繰り 返しているが、長期的に見ると、国内向け市場は縮小傾向にあり、海外向け市場は拡大傾向にある。国内向け市場の減少を海外向け市場の伸びで補っている構図 であり、市場全体としては緩やかな拡大傾向になっている。



(単位:億円)
年度 2003年度 2004年度 2005年度
農薬原体 1,978 2,009 2,027


*金額はメーカー出荷額ベース
*輸出含む
当社推定


2. 参入企業
 参入企業は大きく3タイプに分類することができる。
 1つ目は大手化学薬品メーカーの農薬部門、あるいはそこから分社した企業であり、住友化学工業・日産化学・日本曹達などがこのタイプに分類される。
 2つ目は農薬を専門に製造している企業で、クミアイ化学工業・日本農薬がこのタイプに分類される。
 3つ目は外資系のメーカーで、バイエルクロップサイエンス・シンジェンダなどがこのタイプに分類される。
 農薬原体メーカーのなかには住友化学工業のように製剤まで一貫して製造を行うメーカーもあり、これらのメーカーでは利益率を改善するために、製剤の割合 を増やす動きが活発化している。

企業名 所在地
日本曹達 東京都千代田区大手町2-2- 1
住友化学工業 東京都中央区新川2-27-1 (東京本社)
日産化学工業 東京都千代田区神田錦町3-7 -1
バイエルクロップサイエンス 東京都千代田区丸の内1-6- 5
ダウ・ケミカル日本 東京都品川区東品川2-2- 24
クミアイ化学工業 東京都台東区池之端1-4- 26
BASFアグロ 東京都港区六本木1-4-30
SDSバイオテック 東京都中央区東日本橋1-1- 5
アリスタライフサイエンス 東京都中央区明石町8-1
住商アグロインターナショナル 東京都中央区晴海1-8-12
日本化薬 東京都千代田区富士見1-11 -2
シンジェンダ 東京都台東区台東2-20- 14
三井化学 東京都港区東新橋1-5-2
日本農薬 東京都中央区日本橋1-2-5



※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。