MDB市場情報レポート


パソコンデスク/ OAデスク


1. 市場規模の推移
本製品の市場規模は、2005年度に845億円規模となっている。過去3年間の推移をみると、対前年比103〜105%増の範囲で順調に推移している。 この背景にはオフィス需要の増加、SOHO需要の増加、一般家庭用の増加、デザイン性の拡がりや重視などにより、過去3年は好調に推移している。



市場規模推移
  2003年度 2004年度 2005年度
出荷金額(百万 円) 78,000 82,000 84,500
当社推定




2. 参入企業
本市場の主要な参入メーカーは下表のとおりである。なかでも、コクヨ(株)、(株)イトーキ、(株)岡村製作所、プラス(株)、(株)内田洋行などが上 位主要メーカーである。
なお、アイリスチトセ(株)は、東大阪市に存在した、学習机やオフィス家具製造の大手企業、チトセ(株)が、2001年7月に多額の負債を抱え倒産し、 その後生活用品製造販売のアイリスオーヤマ(株)の支援を受けて再建し、社名を変更したものである。




※MDB市場情報レポートは弊社で独自に調査した結果を公開しております。
 個別受託案件を一般に公開することはございません。