JMARのサービス

課題別 調査サービス

競合企業や、パートナー企業、顧客企業など、個別の企業に着目して、実態等を把握する調査です。グローバル市場での競争下においては、具体的に市場に参画する競合等企業の事業戦略等の研究が重要です。

海外市場においては、自国市場からは想像のできない、取引慣行、法規制が存在し、運用が不明確な場合もあり、ビジネス展開において確認必須の項目です。

海外市場への展開においては、いわゆるパートナー企業(生産委託先、販売代理店)が不可欠です。一方、当該市場の実態把握について、パートナー企業に依存することは戦略判断を誤る可能性もあります。適宜、本社が直接的に情報を把握することが求められます。

海外市場への展開においては、貴社のビジネスモデルをどのように現地実態にフィットさせるか、が大切なポイントとなります。 流通/販売チャネル構造を把握したうえ、貴社が成功するためのビジネススキームを作り上げる必要があります。

海外市場への展開においては、いわゆるパートナー企業(販売代理店等)が不可欠ですが、パートナー企業を通した情報に依存することは市場の顧客実態を見誤る可能性もあります。適宜、本社が直接的に情報を把握することが求められます。

激戦化した海外市場においては、価格競争が避けられない局面もあります。競合企業等が提供する製品やサービスの原価構成を確認し、納入先選択、仕入れ価格引き下げ、などサプライヤー戦略の再構築等を検討する必要があります。

産業調査で得た情報は無形の資産です。競合に対し情報で優位に立つことで、模倣されにくい強固な競争優位性を獲得できます。

JMARは、マーケティング技術・フレームワークをベースとする多面的リサーチで、お客様の産学連携・新産業創出に向けた事業化・市場化をご支援します。海外進出についての実績も豊富であり、想定フェイズごとの調査設計・実査も可能です。(独)科学技術振興機構「A-STEP」、産学共同実用化開発事業(NexTEP)、文部科学省「START」など、新産業創出、技術移転プログラムなどの産学連携プロジェクトや、競争的資金の獲得時でのご活用に最適です。

商品・サービスにおいて、広告などで、有利性をユーザーに訴求するために、「No.1」「第1位」「トップ」「世界一」と表記するケースが見られます。しかし、客観的な事実に基づく根拠なしに表示することは、不当景品類および不当表示防止法の規定に基づき不当表示の一類型とされ、違反に問われることもあります。JMARのナンバーワン検証・立証調査は、客観性・公平性の高いリサーチでお客様の「ナンバーワン」を証明します。

お悩みの方はお気軽にご相談ください

お電話での
お問い合わせ
03-6202-1281
Webからの
お問い合わせ
お問い合わせフォーム