グローバルR&D戦略セミナーを開催いたします(2018年9月20日)

2018年8月27日

この度、研究開発・技術企画・海外事業部門でご活躍の皆様を対象に、グローバルR&D戦略セミナーを開催いたします。

21世紀の成長エリアである中国・インド・ASEAN諸国は、従来の低コストによる製造拠点の位置付けから、購買力をもった中間層による消費マーケットへと成長を遂げています。さらに各国は、従来技術と先端技術が入り混じったダイナミックな市場展開により、我々が考える以上のスピードで日本を凌駕する「技術発展」を遂げています。
こうした中で、今後の日本企業の研究開発戦略・新製品開発には、現地事情を踏まえた「グローバルR&D戦略」が不可欠といえるでしょう。

そこで本セミナーでは、毎月ASEAN各国に足を運ぶグローバルR&Dコンサルタントの野元伸一郎氏より、アジア市場攻略のための「日本企業が推し進めるべきグローバルR&D戦略」について講演いただきます。

参加ご希望の方は、下記『開催概要』の下のボタンから申し込みフォームを開き、エントリーをお願いいたします。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

開催概要

日時 2018年09月20日(木) 10:00~12:00(開場09:30)
会場 中央大学駿河台記念館 610号室
東京都千代田区神田駿河台3-11-5 アクセス
講師 野元 伸一郎

みらい株式会社 統括本部ディレクター 兼 海外・民間チームリーダー
元・(株)日本能率協会コンサルティング グローバル開発革新センター長 シニアコンサルタント
プログラム(予定) 『日本企業が推し進めるべきグローバルR&D戦略のポイント』
~ASEAN・中国・インドは、製造拠点+マーケットからR&D拠点へ~

1. 日本企業、特に製造業の動向と課題
2. 私がASEAN、中国で仕事をする中で感じること
  ・ASEAN、中国、インドの変化(製造拠点からマーケット、開発設計拠点への変化)
  ・日本企業の現地での取り組みと現地での評価
3. 日本企業がグローバルR&Dを強化する必要性と戦略
  ・グローバルR&Dのパターン
  ・先進企業の取り組みと成功ポイント
  ・最近は新興国企業もR&Dを強化している
4. まとめ
  ・早く始めないと...
  ・戦える日本人づくりを
  ・現地の調査とコミュニティへ入り込むことの重要性
参加対象 事業会社の研究開発部門、技術企画部門、海外事業部門等でご活躍の皆様
参加費 無料
定員 100名
※定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。あらかじめご了承ください。
主催 (株)日本能率協会総合研究所 グローバルリサーチ部

参加お申し込みフォームはこちら

お問合せ先

(株)日本能率協会総合研究所 グローバルリサーチ部
  〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル2F
  Tel : 03-6202-1281 E-mail : info_global@jmar.co.jp

お悩みの方はお気軽にご相談ください

お電話での
お問い合わせ
03-6202-1281
Webからの
お問い合わせ
お問い合わせフォーム
  • 調査を依頼したい