調査実績を知りたい

調査実績

  • 国内調査
  • 海外調査

      周辺国に進出している日本企業を、特定地方に誘致するための企画立案を目的として実施。調査項目は下記の通り。
      フェーズⅠ(周辺国へ進出している日本企業に対するアンケート調査、特定地方に関する情報提供)、フェーズⅡ(有力候補企業・戦略ターゲット企業への訪問ヒアリング調査)。

      市場投入後10年が経過する既存製品の事業拡大のために、新たな用途開発を行う事を目的として実施。調査内容は下記の通り。調査内容はフェーズⅠ(現在の具体的用途整理、対象業種・分野・利用製品のターゲット用途リスト作成)、フェーズⅡ(一次スクリーニング:ヒアリング企業選定・絞り込み)、フェーズⅢ(二次スクリーニング:電話取材による絞り込み)、フェーズⅣ(訪問取材によるニーズヒアリング、当該製品評価)、調査総括・リコメンデーション。

      特定サービス企業へのヒアリングを実施し各社の実態を把握することにより事業推進のための基礎資料とする事を目的に実施。調査項目は下記の通り。組織構成(情報システム部門・関与部門の位置づけ、役割(業務分掌)、人数、組織、要員数(企画・開発・運用の比率)、事業部門と情報システム部門の役割分担(工程)、情報システム部門の役割分担(工程)、協力会社要員数、アウトソーシング利用状況(業務、工程、規模)、オフショア利用状況(業務、工程、規模)、IT予算決定フロー・執行フロー、設定しているKPI指標)、システム構成(システム構成、分類・区分、主要システムの開発・協力ベンダー名、システム規模(サーバ数やステップ数)と費用(初期・維持)、既存システムのハードウェア/ソフトウェア保守費用、パッケージ利用状況、中長期計画、発注から開発・サービスイン手順と運用手法)など。

      高付加価値事業領域としてのプラットフォームビジネスの可能性を探索するために、プラットフォームビジネスの成功要因、失敗要因を探り、その結果からプラットフォームビジネス成功のための条件を探る事を目的に実施。調査項目は下記の通り。特徴的なプラットフォームビジネスのピックアップ、事業主体、ビジネスモデル概要、ビジネス登場の背景と市場環境、成功・失敗要因、調査結果に基づき、成功要因、撤退要因、失敗要因別のセグメント化を実施、プラットフォームビジネス成功のための仮説構築。

      新築が計画されている商業ビルのネーミング策定のために、類似性の高い既存ビルのネーミングを抽出、傾向分析・ネーミングマップ化、ネーミングワード構造分析、キーワード抽出を行った。

      累計発行部数が世界一である事の立証によりナンバーワン認定登録を狙うため、日本をはじめ世界の出版取次店での流通量を確認した。

      東京都某区の公共施設解体時に設立した大型建設資材の総体積は「世界No.1の規模」を自負する。「世界No.1の規模」を立証しナンバーワン認定登録を狙うため、日本をはじめ世界各国の大型建設資材設置業者に対して施工実績の確認を行った。

      『プリン体ゼロ』、『糖質ゼロ』、『カロリーゼロ』のコンセプトとした第三のビールにおいて、「世界初の3つのゼロ」を訴求するために、世界のビールメーカーにおける製品展開の把握を行った。

      特定ゴムメーカーの特定製品事業について業界でのポジションを明らかに事業戦略立案のための基礎資料とすることを目的とした。
      調査項目は下記の通り。特定製品の市場規模推移、参入メーカー、メーカーシェア、今後の市場展望、ポジショニング(SWOT、・他社との比較分析、コアコンピタンス分析、成長性分析)、業界におけるポジショニング(事業概要、特定製品の事業概要)、販売状況(販売数量・金額推移・背景要因)、種類別販売数量・金額推移・背景要因、主要販売先、自社評価(SWOT、製品に対する評価、技術力に対する評価、営業力に対する評価、価格に対する評価、特定製品分野の事業戦略、市場展望、販売見通し・背景要因、売れ筋商品動向)など。

      特的企業の本社関連費用について実態を把握し事業戦略のための基礎資料とすることを目的とした。
      ※「本社関連費用」は、本社の事務系間接業務に要している費用であり、一般的には管理費として、人事部、総務部、経理部等の維持・活動の為の人件費等を含んだ費用を指し、営業・研究活動等の費用は含まないものと定義した。 調査項目は下記の通り。本社関連費用総額、費用の内訳(秘書室、経営企画部、広報室、知的財産部、技術情報部、開発部(本社)、経理部、財務部、人事部、労政部(本社)、法務部、総務部、資材部(本社)、宣伝部、コンピュータシステム部(本社)、監査室、輸出管理室、環境安全推進部(本社)、その他)、調査結果のまとめ、調査結果一覧、各社比較分析など。

      大手化学メーカーのリサーチ体制をベンチマークし、リサーチ体制再構築のための基礎資料とすることを目的とした。調査項目は下記の通り。対象企業のリサーチ体制(組織図、セクション別人員・ミッション、組織的位置づけ)、部門の業務内容(マーケティング戦略立案部門の特定・具体的リサーチ業務内容、予算、他部門との関係、連携状況、調査データの管理方法・活用方法、外部機関の活用状況)、部門の課題、問題点(組織体制上の問題点、運営上の問題点、外部機関へのアウトソーシング上の問題点)、今後の展望・方向性(組織変更動向、部門強化動向、外部機関の活用拡充動向、今後の方向性)など。

      特定メーカーの新規事業創出のための取組み内容をベンチマークし新規事業創戦略の基礎資料とすることを目的とした。調査項目は下記の通り。新規事業創出専門組織の有無、名称、組織の位置づけ、組織の構造(組織図)、特徴、人的リソースと活動内容、セクション別人員、セクション別活動内容・役割、年間予算、活動分野及・具体的内容、専門組織のない場合は理由・新規事業創出体制・方法など。

      船舶の主機関の実績や今後の計画を把握し、研究開発の方向性を明確にするための基礎資料とした。調査項目は下記の通り。調査対象企業属性、過去5年間の実績(主機関方式・選定理由、主機関方式の評価、主機関方式の決定者)、中期計画(主機関方式の採用予定・計画・選定理由、主機関方式の決定者)、長期的計画および新技術採用の可能性(主機関方式の予想・計画、新技術採用可能性)など。

      自動車のエンジン試験企業の実態を明らかにし、事業推進のための基礎資料とすることを目的とした。調査項目は下記の通り。エンジン試験企業ベンチマーク調査:エンジン試験の事業規模(受託件数推移、種類別(内容別)受託件数推移、受託金額推移、推移の背景要因)、エンジン試験の事業内容(事業概要、特徴・得意分野、主要顧客リスト)、エンジン試験の料金体系(標準料金と実勢料金、技術料と位置づけ、特別な技術やサービスの有無、料金市況・価格競争についての見解)、今後のエンジン試験の事業展望(受託件数・受託金額見通し、種類別(内容別)見通し、有望な試験内容と理由)、エンジン試験ユーザー調査:エンジン試験内容(台上エンジン試験、実車走行試験、駆動系試験、200時間耐久試験、等々)、エンジン試験の主要委託先とその評価、分析機器メーカーへの委託状況、エンジン試験の内製・外注比率と外注基準、エンジン試験の現状の問題点・課題(特にコストに関して)、今後のエンジン試験の展望、増減傾向、増加する試験内容と理由、外注試験の増減傾向と理由、エンジン試験の市場動向:エンジン試験の市場規模推移(件数及び金額)、外注・内製別市場規模推移(件数及び金額)、エンジン試験の実施機関リスト、エンジン試験の市場シェア、市場展望、市場予測(件数及び金額)と要因、有望な試験内容など。

      A社の光学機器事業のついて、事業構造、開発組織体制、設備関連の実態を明らかにすることによって事業戦略検討ための基礎資料とすることを目的とした。調査項目は下記の通り。A社企業概要、光学機器事業概要、販売推移・背景要因、主要販売先、市場シェア推移、事業構造、販売・生産・開発組織と人員数、生産設備状況、生産・開発力に対する自己評価、、関連子会社の技術力評価。

      中東・アフリカ地域よりマラッカ海峡を渡って日本に輸入される原油に関し、企業ごとの輸入実績を明らかにし、事業推進のための基礎資料とすることを目的とした。調査項目は下記の通り。マラッカ海峡を渡る原油輸入量の特定、国別原油輸入量の推移、マラッカ海峡を渡る原油国別輸入量推移、企業別輸入量。

      化学製品メーカーが外部委託する試験・分析業務の実態を把握し事業推進のための基礎資料とすることを目的として実施。調査内容は次の通り。化学製品メーカー調査:現在の試験・分析項目内容、社内処理と外部委託、社内処理試験・分析項目と件数、外部委託試験・分析項目と件数、外部委託理由、委託先と選定理由、委託コスト、試験・分析受託サービス実施有無、外部委託の方向性、内処理試験・分析項目の外部委託可能性など。試験・分析サービス企業調査:受託実績(件数、売上げ規模)、種類別受託実績、市場ニーズと市場規模に対する見解、潜在市場性に対する見解など。推定市場規模(顕在市場規模、潜在市場規模、市場規模予測)。

      資材調達戦略検討のための基礎資料とすることを目的として実施。調査項目は下記の通り。資材調達戦略(内部調達、外部調達、主要調達品目、主要調達品目別の総調達金額、調達部門所在地、調達部門人員数、調達部門の事務所別調達金額・調達品目)、医療用装置の総資材調達金額・国内・海外比率、種類別生産高など。

      特定化学品メーカーの日本及びアジアにおける生産動向、今後の事業戦略策等について明らかにし、事業推進のための基礎資料とすることを目的として実施。調査項目は下記の通り。生生産能力(設備能力、実稼働能力)、生産方法(生産プロセス、技術内容)、生産拠点(日本国内、アジア)、生産量(種類別生産量推移、背景要因)、事業展開戦略(事業戦略、種類別生産見通し、設備新設・増設計画、注力品目、重点品目)など。

      不動産ファンドビジネスモデル構築のための基礎資料とすることを目的として、不動産ファンド会社の顧客の実態・収益構造・投資先内容等について明らかにした。調査項目は下記の通り。会社の財務状況の概要、顧客実態(顧客の属性、属性別投資金額、属性構成、顧客リスト)、収益構造(収益構造モデル、収益確保方針)、投資先内容、今後事業展開方針など。

      データセンター事業における競合企業の実態を明らかにし、中長期事業計画策定の参考資料とすることを目的として実施した。調査項目は下記の通り。施設概要(データセンター所在地、規模、立地環境)、事業状況(売上高推移、サービス別売上高構成、コロケーションサービス概要(スペック、稼動ラック数、稼働率、実勢価格)、ホスティングサービスの概要(サービス種類、実勢価格)、マネージメントサービス(サービス内容)、顧客特性(売上規模、強い業界・業種、その理由、顧客特性変化、ニーズ内容)、今後の展望(増床・増設方針、オープン予計画、売上見込み、重点強化サービス)

      海洋深層水事業参入のための基礎資料とすることを目的として、海洋深層水の市場構造・分野別市場動向・将来展望等について明らかにした。調査項目は下記の通り。分野別市場動向(・市場規模推移と要因、メーカーシェア、市場動向、将来展望、参入メーカー、商品リスト、商品内容、販売動向、技術動向)、市場展望(中期市場規模予測、要因)など。

      イネ種苗事業への参入の為の基礎情報として実施した。予備調査として米の産地にヒアリングを行い、地区ごとに種苗センターを作る事例やJAからの購入事例の情報を得た。市場としてみた場合の特殊性、閉鎖性についての明確な実態把握を目指して本調査を実施した。調査項目は下記の通り。イネ種苗の調達状況(変化と要因、流通フロー、出荷形態、調達先、参入障壁、地域別傾向)など。

      金融機関のプレミアムサービス会員に対する顧客満足度調査。窓口および各サービスの満足度と総合満足度との相関性から、改善すべき重点課題を明確にしました。

      新会社設立後の新社名の浸透度と企業イメージを、取引先となり得る企業の財務・総務部門管理者を対象に調査しました。また、調査を経年で実施し、その変化をトラックしました。

      60代以上のアクティブ・シニアに対して、いくつかの旅行企画の魅力度評価を求め、どのような旅行企画ならば受け入れられるかを検討した。コンジョイント分析を用いて、アクティブ・シニアが最も重要視しているポイントや、最も好むツアー内容を明らかにした。

      自社の教育サービスの顧客獲得を目的として長年マスメディア(マス広告媒体)を利用した宣伝活動を推進してきた。しかし、近年その広告効果が伸び悩みを見せており、消費者をセグメントし、そのセグメントに応じた広告活動の必要性を実感している。その活動方針の是非を判断するため、先例としてある地域コミュニティを取り上げ、会場調査(CLT)を使って広告効果を測定することにした。

      就職・転職サービスを実施してきたが、シニア(高齢者)向けのサービスには注力はしてこなかった。しかし、近年団塊世代の大量退職を受け、市場のニーズが高まっていることを実感し、市場調査を実施することになった。手段としては高齢者対象にアンケート可能なFAX調査を利用し、訪問調査、郵送調査よりもコストを抑え、大量サンプルを確保し、誤差の小さい正確な予測をすることに成功した。

      弊社インターネットリサーチを利用し、社名変更後、四半期ごとに新社名浸透度や企業イメージの変化を測定するための定点調査を実施しました。調査結果を用いて四半期ごとの広告効果を評価し、広告戦略の見直しを行いました。社名変更後の1年間は狙い通りの企業イメージ向上につながらず苦慮したものの、2年目より効果が確認でき、また、この定点調査を広告戦略の策定上の貴重なツールとして活用する文化を根付かせることに成功しました。

      理科をテーマとした小学校低学年向けの教育参考書について、子どもと母親双方の意見を収集して需要予測分析を実施しました。参考書の抜粋をサンプルとして調査対象者に郵送した上で、子どもには興味・関心度やわかりやすさを、母親には子どもに読ませたいかどうか、またその理由を尋ねました。追加分析として、PSM分析による適正価格の吟味も行いました。子供への調査方法としては、母親が子どもに質問し、母親が回答を記入するという方法を用いました。

      特定の医療機器・用品市場について産業調査を実施した結果、新規参入により収益が得られる目処がついたため、新製品の開発を検討する中で、検討中の製品コンセプトについて受容性を評価する必要があり、調査を実施することになりました。今後の販売ターゲットとなる美容外科医を対象にインターネットリサーチによる定量調査を実施した結果、より詳細な確認が必要となる事項が出てきたため、後日、一部医師に対してパーソナルインタビューを実施して意見をまとめました。

      暖房機器の所有・使用状況について、エリア別、世帯年収別に把握するためのインターネット調査を実施しました。家族構成や家の間取り、広さなど基本項目を尋ねたあと、所有している暖房機器の数と種類、最も使用頻度が高いものなどを詳しく尋ねました。

      自社製品の試作品に関する会場調査、および、FAXアンケートによる定量調査に協力いただくモニターを500名募集し、実査管理、問合せ連絡対応、謝礼支払いなど、そのモニター運営業務を代行いたしました。自社独自のモニターを利用することでより深い意見を吸い上げることができ、製品開発に有用な意見を収集することに成功しました。また、それぞれの調査をモニター保有会社に個別に発注するよりも調査費用が圧縮でき、また、モニターからの問合せ対応などの煩雑な業務からクライアント担当者が解放されるメリットもありました。

      25~59歳の主婦2,000名に対して、家庭用洗剤(風呂場、キッチン、トイレ用)の使用実態を把握するためのインターネット調査を実施しました。個別のアイテムの保有率、使用率、最頻使用率を明らかにするとともに、どのアイテムとどのアイテムが同時に使われているか、すなわちアイテムの同時使用率を明らかにしました。

      世帯年収1,000万円以上の富裕層で、かつ投資信託で資産運用を行っている人を対象に、インターネット調査を実施しました。投資信託を始めたきっかけや現在の運用状況、今後の運用方針、証券会社のサービスに対する感想などを詳しく尋ねました。

      現在就職活動中の学生に対して、リクルートスーツの購入実態を把握するためのインターネット調査を実施しました。購入ブランドや購入価格帯、また購入場所や購入時期など基本事項を測定したのち、ブランド選定の理由や購入時考慮事項、着心地に関する満足度などを詳しく尋ねました。

      一般生活者(男性400名、女性400名)に対して、朝の身支度の手順や、使っているアイテムを把握するためのインターネット調査を実施しました。起床から身支度をして外出するまでの各プロセスを尋ねることで、身支度プロセスを数パターンにまとめあげ、そのパターンごとに、どのようなアイテムが使われているか整理しました。

      ある地方自治体からの委託を受け、特定の地域で最近一年間に実施された行政サービスについて、その地域の住民に満足度を尋ねる郵送調査を実施しました。実施された行政サービスの認知や満足度、実感している利便性の向上を尋ねた後、今後、期待する行政サービスについても測定しました。

      60~79歳のシニア800名に対して、ガーデニングに関する意識を把握するためのFAX調査を実施しました。住居形態として「持ち家 一戸建て」「賃貸 一戸建て」「持ち家 集合住宅」「賃貸 集合住宅」の4条件を設定し、条件ごとに200名に回答を求めました。現在やっているガーデニングと、これからやりたいこと(理想)を聴取し、そのデータに基づいて、どのようなアイテムが市場で求められているか分析しました。

      語学教材を作成している出版社より依頼を受け、18~59歳のビジネスパーソン男女800名に対して、語学に関する意識および学習方法を把握するためのインターネット調査を実施しました。仕事での外国語の利用実態、語学学習の仕方、及び利用している(利用してみたい)学習教材の種類などを聴取しました。

      全国に居住する第1子が中学生以下の子どもを持つ母親400名を対象として「子育て費用に関する調査」を実施致しました。各費目(食費/学費・保育・学童保育等/習い事・塾・通信教育/保険衛生費/医療費・薬代/子どものための保険/子どもの携帯電話料金/お小遣い/衣類・靴など身のまわり品/おもちゃ/本/文房具・学習用品/遊び・レジャー費/交際費/その他)の月あたりの費用や、この1年で行った行事とその費用についても把握し、第1子の学齢や世帯年収などの分析軸を設けて子育て費用の使われ方や傾向を分析しました。

      自治体の依頼により、観光スポット10か所で、季節ごとに平日・週末それぞれの観光動態を定点観測しました。3,000名の通行人を対象に、調査員が街頭キャッチによる聞き取り調査を行い、当該観光地への来訪動機、消費動向に関する実態を聴取しました。訪問箇所数・滞在時間・立ち寄り先についての調査結果から、季節ごとの回遊実態が明らかになりました。

      20~69歳の男女1,000名を対象とし、スポーツ、特に、フィットネス関連の競技に参加する動機やきっかけを把握し、フィットネス関連サービスの営業戦略の参考とするためのインターネット調査を実施しました。ポジティブな意見を収集するだけではなく、ネガティブな意見も集め、参加を阻む障壁が何かを分析し、サービスの改善案の検討に役立つデータとすることが出来ました。

      日本国内における女性起業家の起業環境に関する実態を把握するため、インターネット調査を行いました。モニター40,000人を対象に事前スクリーニング調査を行うことで、過去3年以内に起業した会社経営者、自営業者を抽出し、開業時の年齢、起業の理由、資金調達の方法、開業場所の選定理由等を把握しました。これにより、女性の開業率アップや起業環境を見直す貴重な基礎資料となりました。

      医薬品の開発にあたり、弊社医師モニターを利用し、全国の医師200名にインターネット調査を実施しました。当該疾患における治療状況・処方状況等の実態や、利用したい剤形等の受容性評価を行い、新製品開発のための基礎資料としました。

      行楽地チケットに関する割引販売キャンペーンの効果予測を行うため、首都圏に居住する20~60代男女800名を対象にインターネット調査を実施しました。割引対象となる行楽地に対する興味・関心、過去行ったことがある経験など基本項目を聴取したのち、割引前価格と割引後価格で、どの程度購入意向に変化が生じるか把握しました。データ分析をとおして、今後のチケット販売戦略につながる基礎資料を得ました。

      自社の販売プロモーション戦略を検討するための相談を、自動車用品の開発・販売メーカーから受けました。重点ターゲットに定めているシニア層(60代~70代)、および、その予備層(40~50代)の自動車用品の購入重視点を把握する目的の定量調査を実施しました。手法は高齢者層の調査に適したFAX調査を利用しました。

      高齢者をターゲットとした新サービス開発の基礎資料として、定年前の高齢者の余暇活動の実態を把握しました。今後高齢者になる方々が定年後にどのような余暇活動を過ごすのかを予測し、サービスの需要を見込むため、定年前後の年齢に該当する男女1,600名を対象に、FAX調査を実施しました。調査データに対して多変量解析(クラスター分析)を実施し、ライフスタイルの違いに応じた傾向を把握しました。

      経営学領域の大学研究者からの依頼を受け、20代~50代のビジネスマン男女800名を対象に、尊敬する/共感する経営者を聴取するためのインターネット調査を実施しました。経営者を尊敬する/共感する理由、またどのような点を見習いたいかなどを把握しました。分析軸を年代別、勤務地別、職業別として、属性ごとに違いがあるか分析しました。

      海外留学をしたことのある男女1,000名を対象としたインターネット調査と10名を対象としたグループインタビュー調査を実施しました。当調査は海外留学生希望者をターゲットとした新しい支援サービスを開発するに当たり、海外留学時にかかる費用や困ったこと、あったらいいなと思うサービスなどを聴取しました。得られたアウトプットは、新サービス開発につながる基礎資料となりました。

      マンションの購入時重視点や購入目的(理由)等を明らかにするため、直近3年間でマンションを購入した方400名を対象にインターネット調査を実施しました。対象者を購入したマンションの価格帯4区分で割付け、購入前予算と実際の購入額の平均差額、購入目的、購入時重視点、各部屋ごとの使用方法、購入検討時の情報源等を購入価格帯別に分析しました。調査結果は今後の企画提案に資する基礎資料として活用されました。

      日本のビジネスパーソンについて、会社内で使用する各種文房具についての入手方法について、会社内の購買部への調達や、自身での立替購入を含めた手配の実態について、Web調査で把握し、事業所規模・業種等について整理した。さらに、FGIにて、会社内における入手の実態について、自身の関与度合い、文房具調達についての事業所方針、希望する購買チャネル、各購買チャネルに求めるもの、等についての深掘り調査を行った。

      首都圏に居住する小学校高学年の子どもがいる親とその子供を対象に、グループインタビュー調査(5組×2G)を実施しました。普段の学習頻度や勉強時間、塾へ通っているかどうか等を調査しました。その他、実際に教材を試用し評価いただきました。

      ロングセラーとなっている特定ゲームソフトのユーザー属性を把握するために400sのWeb調査を行い、その結果をもとに、新バージョンのゲームソフトの対象となるユーザーを設定し、FGIへのリクルーティングを行った。FGIでは、男女計4Gの対象者に対し、実際に新バージョンのゲームソフトのβ版を試用してもらい、コンセプト・パフォーマンスの評価を測定した。

      特定政令都市の居住者を各区100名、近隣都市、全国のエリア別に計約6000名の方を対象にその都市への来訪状況、来訪時の情報源、施設・イベントの認知・来訪状況・来訪意向、都市のイメージなどの実態をインターネット調査にて実施した。区別・地域別や、性年代別、来訪頻度等で分析をすることで、施設・イベントの来訪者の特徴が明らかとなり、今後の施設・イベントの来訪者を増やすための戦略策定における有益な基礎資料となりました。

      全国65歳以上の男女を対象に、FAX調査を実施しました。当調査は高齢者の買い物実態を把握するため、家族構成、身体状態、買い物の頻度や購入した商品等を調査しました。得られたアウトプットは高齢者の買い物実態を把握するための基礎資料となりました。

      バリアフリー住設機器と移動機器のいずれについても、現状の困りごと・関心事、当該新製品のコンセプトの評価、使用意向・購入意向、その他ニーズについて、主な受益者となるシニア世代と、従たる受益者となるシニア世帯の家族の両面に対する世帯調査として実施した。世帯全体を把握するため、世帯管理が行われている弊社世帯・郵送モニターより調査対象者を選定し、実査期間を短縮するためFAX調査で実施した。

      現在開発を進めている機能性衣料品の受容性を評価するため、ターゲットとしている25歳~49歳の男性を対象にインターネット調査を実施し、開発中の商品コンセプトを呈示し、受容性を評価した。また、あわせてPSM分析を実施し、最適価格を検討する参考情報を導出した。

      特定政令指定都市の居住者を各区100名、通勤・通学者を各区50名の計約3000名の方を対象に公共サービスの認知・利用経験・利用状況や今後の利用意向などの実態をインターネット調査にて実施した。エリア別や性年代別、利用経験別などで分析をすることで、サービス利用者の特徴が明らかとなり、今後の広報活動の基礎資料となりました。

      特定の施設で開催する運度プログラムの検討をするため、周辺住民約200名に対して訪問留置調査を実施し、運動プログラムに対するニーズ調査を行った。現在企画中のプログラムの評価を把握するとともに、アンケート結果を分析し、企画案の改善点を導出した。その結果をもとにプログラムメニューの検討を行った。

      お悩みの方はお気軽にご相談ください

      お電話での
      お問い合わせ
      03-6202-1281
      Webからの
      お問い合わせ
      お問い合わせフォーム