C社の自動車中古・再生部品市場に関する調査

調査目的

本調査は、自動車補修用部品市場において環境・省資源・リサイクルの側面から注目されている中古・再生部品市場の概況を明らかにするとともに、貴社の補修用部品市場における主要中古・再生部品の位置づけ(シェア)、流通販売状況を明らかにすることによって、貴社の事業戦略検討のための基礎資料とすることを目的とする。

調査方法

1.対象事業者へのインタビュー調査

対象企業のキーマンへのヒアリング調査

2.外部公開情報による調査

新聞、専門誌、主要各社のニュースリリースなどオープン情報の収集・分析

調査対象先

中古・再生部品販売業者 8社程度

自動車メーカー 3社程度

整備工場、大手解体業者、自動車販売店

<調査対象品目>

・バンパー、FRバンパー、RRバンパー、フード(ボンネット)、ドア、FR−Rドア、FR−Lドア、RR−Rドア、RR−Lドア、トランクリッド/テールゲート(バンタイプ)、バンパービーム、フェンダー、FR―Rフェンダー、FR−Lフェンダー、バルクヘッド(溶接部品)、ライト、ヘッドライトユニット(コンビネーション)、テールライトユニット(レンズ)

・エンジン、ATミッション、ドライブシャフト、ディストリビューター、オルタネーター(ジェネレータ)、PSポンプ、PSギアボックス、トルクコンバーター、ABSモジュレーター、マフラー

調査項目

1.リサイクル部品(中古・再生部品)業界の概要
  • ・リサイクル部品のフローチャート
  • ・サプライヤーリスト
  • ・主要リサイクル部品業者の概要
  • ・主要販売業社(販売グループ)の概要
2.過去3年間の全体市場規模推移
出荷先 バージンパーツ 小計 リサイクルパーツ
中古部品 リビルト部品
自動車メーカー向け          
部販・共販向け          
直接市場向け          
小計          
合計          

 

3.調査対象部品の中古・再生部品市場規模とバージンパーツの位置づけ
4.C社の中古・再生部品調査(18項目の小分類含め延べ24品目)
  • ・売上数量、金額:品目別、部品区分別、前年度実績
  • ・価格状況(純正、中古、再生部品の価格差):同上
  • ・販売経路:部品区分別
  • ・物流経路と運賃負担:同上

調査期間

ご契約後60日

報告形態

日本語報告書

報告書の電子データ(Microsoft Word、Excel、PowerPoint、等)

関連資料