A社の研究開発体制に関するベンチマーク調査

調査目的

本調査は、競合企業の研究開発体制、ならびに当該研究所における注目技術・製品別にみる要素・コアテクノロジー、それに伴うテクノロジー獲得方法、技術化・製品化確立のポイントをヒアリングによって明らかにすることで、研究成果と製品展開等を調査・分析し、競合企業における研究開発体制のベンチマークを実施することによって、貴社事業推進のための基礎資料とすることを目的とする。

調査方法

1.対象事業者へのインタビュー調査

対象企業のキーマンへのヒアリング調査

2.外部公開情報による調査

新聞、専門誌、主要各社のニュースリリースなどオープン情報の収集・分析

調査対象先

1.貴社指定企業の研究所
2.対象先企業と取引している企業
3.対象先企業の関連企業
4.調査対象先研究所のコアテクノロジーに関わる業界筋(競合他社、公的研究機関、他)

調査項目

1.対象企業及び研究所概要
  • ・会社概要(会社名・本社所在地・設立年・資本金・事業内容・代表者・株主・従業員数・他)
  • ・研究所沿革(研究所名・所在地・設立年・研究所長・敷地面積・建坪面積、他)
  • ・売上高(最新決算期年商及び過去3年間の実績)
  • ・研究開発費及び対売上高研究開発費比率(最新決算期)
  • ・過去3年間の研究開発費推移及びその背景要因
  • ・研究所人員
2.研究所の組織と陣容
  • ・研究所組織図
  • ・組織と陣容
  • ・組織別役割・業務内容
3.研究所に与えられているミッション(指令)・目的
  • ・基礎・基盤技術の研究か、応用技術・ニーズ対応研究か?
  • ・研究所に付与されている目的・目標
4.研究テーマ実態
  • ・実施テーマの特徴・傾向
  • ・現状の主要な研究テーマ
  • ・研究テーマのタイムスケジュール
5.現状、抱えている問題点・課題点及びその解決・克服方法
6.提携外部機関概要
  • ・提携もしくは連携、協力を仰いでいる外部研究機関(大学、公的研究機関、他)
  • ・外部研究機関との研究内容
7.研究成果と製品展開状況
  • ・注目技術/製品
  • ・注目技術/製品別要素・基礎技術研究
  • ・獲得方法(自社独自研究/アライアンス及びアライアンス先)
  • ・技術化/製品化確立・実現のポイント
8.その他入手関連参考情報

調査期間

ご契約後60日

報告形態

日本語報告書

報告書の電子データ(Microsoft Word、Excel、PowerPoint、等)

関連資料