大手スーパーのe−コマース戦略に関する調査

調査目的

本調査は、GMS及び食品スーパーのネットビジネスへ取り組みをヒアリングによって明らかにし、今後のe−コマース戦略を把握することによって、貴社の事業展開のための基礎資料とすることを目的とする。

調査方法

1.対象事業者へのインタビュー調査

対象企業のキーマンへのヒアリング調査

2.外部公開情報による調査

新聞、専門誌、主要各社のニュースリリースなどオープン情報の収集・分析

調査対象先

GMS(6社)、食品スーパー(4社)

調査項目

1.企業概要
2.ネットビジネスへの取り組み状況
  • ・ホームページ
  • ・オンラインショップ
  • ・ギフト商品の予約等
  • ・ネットビジネスの位置付け
3.今後のネットビジネスの戦略について
  • ・基本戦略
  • ・今後のネットビジネスのターゲット
  • ・ネットビジネスの対CVS対策について
  • ・ネットビジネスにおける生鮮食品への取り組みについて
  • ・決済方法について
  • ・物流システムについて
4.調査結果のまとめ
  • ・スーパーの生き残り戦略としてのe−コマースの考え方について

調査期間

ご契約後45日

報告形態

日本語報告書

報告書の電子データ(Microsoft Word、Excel、PowerPoint、等)

関連資料