サプリメントメーカーのマーケティング戦略調査

調査目的

本調査は、サプリメントメーカーの販売戦略、販売体制、予算、プロモーション方法等をヒアリングによって明らかにすることによって、貴社が新しく開発したサプリメントマーケティングのための基礎資料とすることを目的とする。

調査方法

1.対象事業者へのインタビュー調査

対象企業のキーマンへのヒアリング調査

2.外部公開情報による調査

新聞、専門誌、主要各社のニュースリリースなどオープン情報の収集・分析

調査対象先

競合2社の営業統括部門、営業部門、マーケティング部門、宣伝部門等
年間売上高

調査対象先

企業数

1. 3,000万円未満 3
2. 3,000万円以上〜1億円未満 5
3. 1億円以上〜10億円未満 5
4. 10億円以上〜100億円未満 5
5.100億円以上〜1000億円未満 5
6. 1000億円以上 2
合   計 25
(注)すべて首都圏の印刷会社を想定 他、プリンタメーカー、ラボ店、印刷関連業界団体へのヒアリング

調査項目

1.サプリメント事業の沿革
  • ・事業化経緯、技術シーズとドメイン
  • ・事業展開の沿革
  • ・事業の現在の概況
2.サプリメント事業規模
  • ・過去3年間の売上高推移とその要因
  • ・主力商品
  • ・収益性の状況(定性レベル)
3.サプリメント販売戦略
  • ・基本的販売戦略とその背景となっている考え方
  • ・コンセプトメイキング方法
  • ・商品戦略
  • ・流通戦略
  • ・価格戦略
  • ・その他特徴的な戦略
4.サプリメント販売体制
  • ・販売組織図
  • ・総販売人員数
  • ・セクション別人員、役割内容
  • ・各セクションの連携状況、指揮系統
5.サプリメント関連予算
  • ・販売・生産・開発予算、調査予算(調査方法、組織)
  • ・売価決定方法(原価積上げ式か売価先決め式かなど)
  • ・販売予算の内訳(販促費、広告・宣伝費、販売経費、その他)
  • ・広告・宣伝費の媒体別構成比
6.プロモーション方法
  • ・販売チャネルと販売チャネル別販売比率、店頭プロモーション方法
  • ・広告・宣伝方法
  • ・販売チャネル拡大方法
  • ・通販から店頭販売への展開方法
7.開発〜商品化プロセス
  • ・商品開発期間
  • ・商品開発プロセス、外部協力先、下請製造元の関与状況(ハンドリング方法など)
  • ・商品化意思決定方法、商品化基準、厚生労働省の規制との関わりなど
  • ・開発〜商品化のスピードアップ方法
8.今後の事業展望
  • ・今後3年間の売上見通し、成長率とその要因
  • ・今後の注力戦略、注力チャネルとその理由
  • ・漢方(ex.霊芝、アガリクスなど)への指向性
  • ・ビタミン・ミネラル・機能性食品素材への指向性と位置づけ
  • ・サプリメント市場の将来展開についての担当者の見解
9.ライバル企業についての見解
  • ・ライバル視している企業名
  • ・ライバル企業についての見解

調査期間

ご契約後40日

報告形態

日本語報告書

報告書の電子データ(Microsoft Word、Excel、PowerPoint、等)

関連資料